オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

「システムを作る」から「サービスを提供する」へ

»

これまで、ITビジネスは、「システムを作り、それを使わせる」ことを目的としてきた。しかし、ラウドの普及は、ITインフラの構築や運用管理、システムの開発や保守といった仕事をサービスへと置き換えてゆく。OSSSaaSの普及は、ライセンス販売を喪失させ、人工知能の登場は、開発・テスト・運用など、これまで人間にしかできなかった業務を代替してゆく。

スクリーンショット 2020-06-25 5.37.13.png

このようなサービス化、オープン化、スマート化のトレンドに抗ったところで仕方がない。むしろ積極的にこのトレンドを味方につけることだ。その方法として、「システムを使い、サービスを提供する」ビジネスへの転換は、ひとつの選択肢となるだろう。

例えば、自らがIaaSPaaSを使い、お客様の業務に即応できる「高速開発サービス」を提供する。文書管理システムを使い、その入力代行、原本保管のための倉庫業務を一体としたサービスを提供する。SaaSを駆使して、業務プロセスの改革を支援するサービスもある。

人工知能やIoTを駆使した業務アプリケーションを構築し、そのシステムの維持、運用を提供するサービスはどうだろう。既にいくつもの人工知能やIoTを利用するためのクラウドサービスが登場している。それらをうまく組み合わせ、自分達のサービスとして提供することもできる。

CADの要員を抱えているのなら、3Dプリンターを使い短期即納型試作ビジネスを展開できるかもしれない。

自ら人工知能やIoTOSSの開発に貢献する。膨大なシステム資産を保有して独自のサービスを提供する。このようなビジネスもひとつの選択肢だが、誰もができるわけではない。ならば、「システムを使い、サービスを提供する」という選択肢は現実的だ。

ただ、収益構造は、人月積算では難しい。それでも人月積算にこだわるなら徹底した技術の差別化、つまりは、誰もが手をつけられないような高度でニッチな技術や高い専門性で高額な単金を請求できなくてはならないだろう。ただ、規模を稼ぐことは難しい。

ならばもっとハードルの低い、「システムを作り、それを使わせる」から「システムを使い、サービスを提供する」へと、自らの役割を再定義してはどうだろう。

このような取り組みをしてゆく上で、テクノロジーやビジネスのトレンドを正しく理解しておくことは、何よりも大切だ。限られた経験の範疇を越えられず、過去の成功体験に引きずられてしまうようであれば、未来がないことだけは覚悟しておいた方が良いだろう。

新入社員のための最新ITトレンド1日研修(参加費 1万円)

NE_Class.png

いまのITの常識を整理して、わかりやすく解説し、これから取り組む自分の仕事に自信とやり甲斐を持ってもらおうと企画しました。お客様の話していることが分かる、社内の議論についてゆける、仕事が楽しくなる。そんな自信を手にして下さい。

オンライン(zoom)でも、ご参加頂けます。

下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)

【第1回】2020年8月3日(月)
【第2回】2020年9月2日(水)

1万円(税込11,000円)

新入社員以外で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,800円)でご参加いただけます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【6月度のコンテンツを更新しました】

======

  • 以下のプレゼンテーション・パッケージを改訂致しました。
    ・2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
  • ITソリューション塾・第34期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂

======

【改訂】総集編 2020年6月版・最新の資料を反映しました(2部構成)。

【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画

  • デジタル・トランスフォーメーションと「共創」戦略
  • ソフトウェア化するインフラストラクチャー
  • ビジネスの新しい基盤となるIoT

======

ビジネス戦略編

  • 【改訂】ビジネス発展のサイクル p.9
  • 【新規】DXはどんな世界を目指すのか p.17
  • 【新規】DXの実現を支える3つの取り組み p.50
  • 【改訂】MONET Technologies p.65

クラウド・コンピューティング編

  • 【新規】XaaSについて p.47
  • 【新規】シームレスなマルチ・クラウド環境を構築するAnthos p.110
  • 【新規】クラウド各社のOpenShiftマネージドサービス p.111

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

  • 【新規】IoTの定義 p.15
  • 【新規】サプライチェーンとデマンドチェーン p.44-45
  • 【新規】MaaSエコシステムのフレームワーク p.61

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI

  • 【改訂】人工知能の2つの方向性 p.12
  • 【新規】AIとAGI p.13
  • 【新規】ルールベースと機械学習の違い p.66

下記につきましては、変更はありません。

  • ITの歴史と最新のトレンド編
  • テクノロジー・トピックス編
  • ITインフラとプラットフォーム編
  • サービス&アプリケーション・基本編
  • 開発と運用編
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する