オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

仕事を任されるようになった営業が、次に何を目指すべきか

»

一通りのビジネスの基本動作を心得え、仕事を任されるようになった営業は、次に何を目指すべきでしょうか。

営業組織やチームのリーダーとして、営業活動を引っ張ってゆく事を自他共に求められるようになるでしょう。また、若手の範となり彼等の成長を助けてゆくことも期待されるでしょう。また、お客さまの課題を探り、自らがビジネスを掘り起こすことができなくてはなりません。自分の会社が新しい商品やサービスを発表したときには、率先してそれらをお客様の課題に結び付けて、その解決策として提案するといったこともできなくてはなりません。

このような理想を描き、自分をそこに向かわせようと努力しているひとも多いのではないでしょうか。

しかし、本当にそれで良いのでしょうか。確かに、営業として自らビジネスを牽引し、会社に貢献すること。また、部下のよき模範となって彼らを一人前に育てようとすることが間違っているとはおもいませんが、それが自らの「あるべき姿」と考えているとすれば、それは少し違うような気がします。

roadtrip.jpg

これらは、しょせん手段に過ぎません。その手段の先にある本当の目的にこそ真の「あるべき姿」があることに気がつかなくてはなりません。それは、「世のため人のため」を実現しようとすることであり、「お客様の成功に貢献すること」です。

聖人君主のようなことを言うようですが、優れた営業は、この意識をしっかりと持っています。私の知るあるベテラン営業は、次のようなことを語ってくれました。

「このままでは、ダメと思うんですよ。お客様は未だ旧態依然としたやり方で、同業他社と比べても原価率が高すぎです。IoTへの取り組みも明らかに遅れています。だからこそ、このプロジェクトをお客様に提案し、受け入れてもらおうと思っています。そうしなければ、これからのお客さまの未来はありませんし、日本がこの分野で世界の範を示すこともできなくなってしまいます。」

彼の勝手の思い込みかもしれません。独りよがりという人もいるかもしれないでしょう。しかし、彼の声は、お客さまの気持ちを動かしつつあります。

もちろん営業ですから、システムに関わる提案がそこに含まれていることは、言うまでもあれリません。しかし、お客様の成功を願う彼の気持ちに共感し、プロジェクトの目的や内容をお客様が受け入れてくれれば、それを実現する手段を提供するビジネスは自然とついてきます。

ここに「ビジネス・リーダー」と「ビジネス・クリエーター」の違いがある用に思います。

「ビジネス・リーダー」とは、お客さまの課題を解決するためのプロジェクトを成功させる指揮官であり、プロデューサーです。もちろん、これもまた大切な役割です。しかし、それは、お客さまの成功というより高い次元の「あるべき姿」を実現してこそ意味があるのです。お客さまの成功、さらには、その成功を超えるイノベーションを作り出すためには、お客様や社会をもっと良くしたいという熱い思いと、調べ、考え、自分の意見を持つことが必要です。それは、お客や自分の周りに、新しい可能性を気づかせ、結果として、新しいビジネスを引き寄せる力にもなるはずです。このような人たちのことを、「ビジネス・クリエーター」といってはどうでしょうか。

よきリーダーであることは、よきクリエーターの要件のひとつに過ぎません。そういう「ビジネス・クリエーター」が営業のひとつの「あるべき姿」であり、それを目指すことが営業という仕事のやり甲斐にもなるはずです

【まもなく定員】ITソリューション塾・第21期 2月9日 開講

  • お客様の相談に自信を持ってお応えできますか?
  • テクノロジーのトレンドを語り自分の提案や商品の価値を客観的に説明できますか?
  • 今の自分の実力を客観的に評価できていますか?

ITソリューション塾はそんな自分を自分で鍛えるための機会です。

 詳細はこちらをご覧下さい。

  • 期間 初回2016年2月9日(火)〜最終回4月26日(木) *3月の最終週は年度末のためお休みとなります
  • 時間 18:30〜20:30
  • 回数 全11回(特別補講を含む)
  • 定員 80名
  • 場所 アシスト本社/東京・市ヶ谷
  • 参加費用 9万円(+消費税)
  • 全期間の参加費と資料・教材を含む

「SIビジネスはなくなってしまうのでしょうか?」

これまでと同じやり方では、収益を維持・拡大することは難しくなるでしょう。しかし、工夫次第では、SIを魅力的なビジネスに再生させることができます。

その戦略とシナリオを一冊の本にまとめました。

「システムインテグレーション再生の戦略」

si_saisei_w400

  • 歴史的事実や数字的裏付けに基づき現状を整理し、その具体的な対策を示すこと。
  • 身の丈に合った事例を紹介し、具体的なビジネスのイメージを描きやすくすること。
  • 新規事業を立ち上げるための課題や成功させるための実践的なノウハウを解説すること。

また、本書に掲載している全60枚の図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。経営会議や企画書の資料として、ご使用下さい。

こんな方に読んでいただきたい内容です。

SIビジネスに関わる方々で、

  • 経営者や管理者、事業責任者
  • 新規事業開発の責任者や担当者
  • お客様に新たな提案を仕掛けようとしている営業
  • 人材育成の責任者や担当者
  • 新しいビジネスのマーケティングやプロモーション関係者
  • プロジェクトのリーダーやマネージャー

【最新版】最新のITトレンドとビジネス戦略【2016年1月版】

*** 全て無償にて閲覧頂けます ***

LIBRA_logo

最新版【2016年1月】をリリースいたしました。

今月の目玉は、IoTと人工知能についての記述を大幅に刷新したことと、これからのビジネス戦略について、新たなチャート&解説を追加したことです。是非、ご確認下さい。

*全ての資料(529ページ)は全て無料で閲覧頂けます。

【インフラ&プラットフォーム編】(246ページ)
・見栄えや誤字の修正を行いました。内容の変更はありません。

【アプリケーション&サービス編】(199ページ)
*IoTと人工知能について、大幅に資料を刷新致しました。


IoT
・「IoTとは何か」を新規に追加しました。P.14
・CPS(Cyber Physical System)についての記述を追加、修正致しました。p.17-20
・自動運転車について新たなチャートを追加しました。p.23
・モノのサービス化について新たなチャートを追加しました。p.28
・IoTに関する事例動画を刷新しました。p.49-52

人工知能
・8ページの新規プレゼンテーションを追加し、全体のストーリーを変更しました。p.139-153

【ビジネス戦略編】(84ページ)
・「テクノロジードリブンの時代」を追加致しました。 p.3
・「ビジネスの変革を牽引するテクノロジートレンド」を2016年版に差し替えました。p.4
・「ポストSI時代に求められるスキル」を追加しました。p.5
・社会構造の変革に関する記述を追加しました。p.6-8
・「顧客価値と共創優位」を追加しました。p.9-10

http://libra.netcommerce.co.jp/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する