オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

最初はギタリストだったドクター・ジョン

»

20年位前の話である。一度本気でピアニストになろうと思って、独学でピアノを練習したことがある。もちろん本当のピアノを買うお金なんか持っていなかったし、置く場所もなかったので、ヤマハのエレクトリック・ピアノを買って練習していた。エレクトリック・ピアノとは言っても、当時の金額で30万円くらいはしたと記憶している。昔から無駄使いが得意だったのだ。

では、なぜサックス・プレイヤーの私がピアノを弾きたいと思うようになったのか。その理由は、すべてニューオーリンズの白い魔術師ドクター・ジョンのせいである。ドクター・ジョンのようにピアノで弾いてみたい。それがピアノを始めることになったきっかけである。

普通のリスナーを、ピアノを弾いてみたいと思わせるほどドクター・ジョンの音楽は素晴らしいわけで、今でも聴くことが多い。このドクター・ジョン、もちろん世間一般にはピアニストとして有名なわけだが、実はピアノを弾く前はギタリストだったということはあまり知られていない(ドクター・ジョンのファンであれば当然知っているんでしょうが)。

自伝「フードゥー・ムーンの下で」(現在は残念なことに絶版になっている)によれば、喧嘩の仲裁に入った時に、誤って拳銃で撃たれてしまい、左手の薬指を傷つけてしまったということだ。それを機に、ドクター・ジョンは最初にオルガン、そして次にピアノを演奏するようになる。つまり、不慮の事故がなければ、ドクター・ジョンがピアノを弾くことはなかったかもしれないのだ。

お薦めは、やはり彼の3枚目のアルバム「ガンボ」(1972年発表)につきる。このアルバムは、昔からニューオーリンズに伝わる名曲をカバーした内容なのだが、聴いているうちに自然と体がムズムズしてくる不思議なアルバムである。ニューオーリンズ・ファンク屈指の名盤と言っても大袈裟ではないわけで、全音楽ファンにお薦めの1枚だ。

ちなみに、普段音楽を聴く時は、もっぱらモルト・ウィスキーを飲むことが多いのだが、リトル・フィートとドクター・ジョンを聞くときだけはバーボンと決めている。

ちなみに、今はピアノはまったく弾けません。渋谷のライブハウス、クロコダイルで演奏したのが最後です。

Comment(6)

コメント

こんばんは。

ドクタージョンがギタリストだったというのは知らなかったです。

僕もピアノが弾ける人にあこがれたことがありました。もともとはギタリストなのですが大学のころはマルチプレイヤーって言うのにあこがれてあれこれ楽器に手を出しましたが、結局ひとつの楽器を極めるのも難しいということに気がつきやめましてた。最近はギターも弾けなくなってきて寂しい限りです。。

しらいしひさひこ様>
コメント有難うございます。私はサックスとフルートなんですが、今はギターに憧れますね。よかったらまた音出しませんか。最近、そろそろ復活しようかと思っているんです。

starsailor

はじめまして、mixiではお世話になっていますが、
こちらには初書き込みさせていただきます。

お~、ドクター・ジョン!
実はゴールデンウィークにニューオーリンズの
ジャズフェスティバルに行くんですが、
初日のヴァン・モリソンの前にドクター・ジョンが
出るんです。

飛行機の到着の時間からして、ヴァン・モリソンも
危ういぐらいなんですが、ちょっとだけでも
観たいですね、やっぱり。

starsailor様>
コメント有難うございます。ゴールデンウィークにニューオーリンズのジャズフェスティバルとは、何とも羨ましい!ドクター・ジョンが観れないとは残念です。でも、いいなぁ。

>伊藤さん
先日社員旅行の余興で久しぶりにバンドをやりました。今回はギターではなくDJ(効果音とMCも)だったのですが久しぶりに立つステージは楽しかったですよ。機会があればぜひご一緒したいですね。

しらいしひさひこ様>
コメント有難うございます。そうでうか、DJですか。ステージって、一度経験したことが人間には麻薬のような魅力があります。「またあの快感を味わいたい。。。」と思うんですよね。また近況をお聞かせ下さい。

コメントを投稿する