オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

2020年ラオスの祝祭日カレンダー

»

2020年ラオスの祝祭日カレンダー

2020年ラオスカレンダー(ビエンチャン日本人商工会議所より_20191029).jpg


正確には国民の休日とお休みであることが多い日、そのほか大切な行事の日程です。
ラオスの場合、例えば最大の連休になる4月のラオス正月(ピーマイラオと呼ばれる仏暦のお正月でタイのソンクランなどと同じ時期)は、仏暦ということもあってか、毎年日付が変わったりと、休日や各種行事の公式スケジュールがわからないことがあったりします。

この「2020年ラオスの祝祭日カレンダー」は、ビエンチャン日本人商工会議所の事務局が会員企業のために、情報収集をしてシェアしてくださったものを、少し見やすく整形したものです。

休日と定義されているわけではなくても、仏教行事(カオパンサーやオークパンサーなど)や、お祭り(ボートレース、タートルアン祭りなど)は休むところが多かったりということがありますので、その他の日も含めて現地の状況を確認しつつ予定を組むのがよいでしょう。

2020年の特徴は、通常3日間のラオス正月(ピーマイラオ)が4日間となるようです。
もともと、今度のラオス正月はいつ?という話から、ビエンチャン商工会議所事務局が調査された経緯があります。
月曜から4日間休日だと、4月17日金曜日も事実上動かない可能性が高そうです。
(ちなみに例年、前の週からお正月モードであることにも留意)

もしかしたら、ほかのところから出てくるカレンダーと日付が違うケースなどもあるかもしれません、
ピーマイラオの日程も、公式には2週間程度前にアナウンスされたりする年もあったりしたので、休日やお祭りなどの前後で計画する場合は、あらかじめ確認しながらというのがおすすめです。


いずれにせよ、ラオスは祝祭日の類が比較的少ないので、スケジューリングの際にそれほど神経質にならなくてもいいのですが、こうした情報はあらかじめ手元にあると有用です。



ラオスについてなにかありましたら、お気軽にご質問、お問い合わせください。
ラオスのことなら、ラオス=日本の専門家チーム、Lao-Japan Gatewayへ!

https://www.facebook.com/laojapangateway/
メールはこちら: laojapan.gateway@gmail.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する