オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

一個6,000円のマンゴー

»

Photo 普通にマンゴーがいくらぐらいなのかよく知らないんですが、さすがに一個6,000円て尋常じゃない気配。

写真のとおり、3切れほどいただきましたが、確かに見た目はすごく綺麗でした。

もちろんおいしかったです。特に香りがすっきり甘く、なんだかマンゴーじゃないみたい。(個人的にマンゴーは、まあおいしいけど、とりたてて食べたいと思うわけでもないフルーツなのですが、これは一味違ってました。)

しかし、6,000円て言われるとビックリして、”じゃあ相当ウマくなきゃ許さないぞ”って身構えるわけで、そうなると期待が高まりすぎて却って大したことなく感じてしまうところでも、ウマいってところはスゴイ。

一方、吉野家の牛丼がすごいのは、300円ほどの牛丼(豚丼と読み替えても可)が、価格のわりにはなかなかおいしいところでしょう。

期待を良い方に裏切る、過度な期待にも充分応える、期待にどう立ち向かうか、相手の期待をどういうところに持っていくか、”expectation control”は重要で、とても難しいポイントです。

売り手と買い手、作り手やユーザ、関係する人たちがみんなうまくHAPPYになれるように、期待と成果のバランスがうまくいく法則があるといいですね。

それにしても、牛丼20杯分に相当するマンゴーって、やっぱすごいかも。。。

(ちょっと更新滞っていたため、いろんな方からお叱りを頂戴いたしましたので、こんな話題で恐縮ではありますが、アップしてみました。(^_^;))

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する