オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

[T-5]TCOツールはじめました。クラウドでホントにコスト削減できそうか皮算用してみよう

»

クラウドはコスト削減につながる、とは必ずしもすべての場合に言い切ることはできないが、
自分の場合はどうだろうか?というシミュレーションを支援してくれるツールが公開された。
その名も「TCO & ROI Calculator」。Azureのポータルサイトで、Pricingタブにさりげなく
追加されているのだが、これが結構きめ細かいので一度試してみていただきたい。

MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY,
AS TO THE INFORMATION IN THE TCO AND ROI CALCULATOR REPORT.

と、断り書きがあるが、まあそうだろう。あくまでシミュレーション上の概算にすぎない点は
あらかじめご了承いただいた上で、緑色の I Accept ボタンを押すとポップアップ。

Azure_tco_01

まず、どういう目的で使うサービスなのかをアンケート形式で指定してゆく。後にひびき
そうなフラグとしては、アプリケーションのカテゴリをWeb系にするか、エンタープライズ
アプリよりにするか、既存のアプリからのマイグレーションか、SQL Serverを使っているか、
他のシステムと連携の度合いはどのくらいか、といったところだろう。想定される負荷に
ついての質問も、なんとなくその後の展開が読めなくもない。ピーキーな特性はクラウド
向きということなのだろう。

多少まどろっこしい入力項目をちょっとがまんして入れ終わると、

Azure_tco_02

Windows Azureをどの程度使うとこのサービスを運営できそうか、というお見積もりが
できあがってくる。もちろん、あくまで概算に過ぎないが、使用する前に雰囲気がわかる
のはうれしい。これをみながら、インスタンス数やストレージ量、ネット帯域などの
妥当性を見極めつつ、内容を読み解いてゆけばよいのである。

しかし、これだけ見ても、高いのか安いのかよくわからないという方のために、

Azure_tco_03

もしこのサービスをオンプレミスでホスティングしたとするとどうなるか?という見積もり
結果と比較したグラフまでだしてくれるのである。ざっと見る限り、計算ロジックは
明かしていないようだが、先行して検証を進めているシステムでの実測などを根拠に
経験則的なモデルがくまれていると思われる。

もちろん、Windows Azureをサービスとして販売したいマイクロソフトさまが提供している
ツールなので、多少ベンダー側の意図を取り除くための割り戻しは必要かもしれないが、
クラウドを従量課金で利用するにあたり、どのような項目がコストにきいてくるかを
把握してみるためのものと割り切れば、良くできたツールといえるのではなかろうか。

クラウドの話になると、どうもAmazon EC2とGoogle App EngineとWindows Azureを並べて
どれが一番オトクか?という話になりがちだが、すでにあるWindows資産を使うことを
前提におくと、悩むポイントはクラウドを借りるか、オンプレミスでサーバーたてるかに
あるのが現実だろう。

取らぬ狸の皮算用、クラウドの活用をご検討中の方は、是非お試しあれ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する