オルタナティブ・ブログ > ビジネスを楽しく!熱く! 『デラマンチャ・ビジネスラボ』 >

中堅IT会社の事業企画、経営企画、マーケ、営業、コンサル・・・雑多な経験とマルチタスクに翻弄される日々の徒然と気概をお届けします。

【iPhoneアプリ:LINE】-消去した筈の合コンで出会った女性の連絡先300件に怯える日々-

»

皆様こんにちわ。鈴与シンワート株式会社の正林です。

ワタクシの愛器『au iPhone 4S』こいつを触っておると、ワタクシの前の所属の愛弟子がその様子を見て曰く

「LINEって知ってます?ヤバイっスよ」
「ヤバイとはなんぞ?」
「正林サンにとって刺激的なアプリってことっスよ」

???なにやら判らぬ。「LINE」流行っているのは耳にしていたものの、ふーんと思っていたワタクシ。そんなに刺激的なら使ってみようか知らん。ってなことを思ったわけです。

ご説明するまでも無いかも知れないですが「LINE」とはSkypeなどような無料通話、グループチャット機能を有したアプリです。自分の電話番号から或いは自分のアドレス帳の登録電話番号からLINEユーザーのマッチングを行なうというもの。
つまり、自分の電話番号が登録されているLINEユーザーの方が「友達かも?」的にピックアップされお互いに表示されるものである。

でインストール。どーれどーれ。おやおや、出てくる出てくる。あれ?あれ?あれ?
やばいって、こういうことかっ!

自分は震えたのであります。あわわわ。

ワタクシ昔、もちろん家庭を持つ前のことでありますが、あのころ私アフォでした。
何かと云うと、合コン馬鹿或いは中毒でありました。すなわち毎週毎週合コン三昧。1年に100回以上は合コンしていたのでございます。土日が数ヶ月先まで合コンの予定で埋まっているって状況。

「オレと遊びたかったら、3ヶ月待って」

なんて傲慢な感じ。であるからにして一時、携帯電話には300件以上の女性のTEL番号が蓄積されていたのでございます。
そして、サイテー!最悪ー!信じらんない!人で無し!消えてなくなれ!そんな罵声を甘んじて受けなければならぬ、ことを告白します。それは、登録された名前見てもその時からして誰が誰だか判らないという事態に陥ってしまい、よって然るにアドレス登録は属性で行なう。例えば、花子さんであれば「美容師●●繋がり-花子」とか「渋谷Club××-花子」とか「モデル(雑誌名)-花子」みたいな。
そして家庭を持ち、お遊び・オイタが見つかり誠意愛情を示すべくその300件を消去したのでございます。

で、LINEの話。

出るわ出るわ記憶に無い女性の名前が。。あががが。刺激的とはこのことでござるか。基本的に紳士であったと自負はしているものの、何かメッセージをいただいても判らないのである。しかし、携帯を破損して消失した懐かしい友人なんかも現れて止むに止まれぬこの感じ。ムムム。

時代は変遷する。しかし自分が歩んだ道は変えることは出来ない。

へっ!カッコウつけてもダセーもんはダサいんだよ。ハイその通り。

<了>

-正林 俊介-



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する