オルタナティブ・ブログ > パースペクティブ・アイ >

IT/PCを中心に様々な話題を振り返ることで未来を考える

SCE久夛良木さんがSCE役員を退任

»

 そろそろ各地で報道が始まっているハズですが、Father of Playstationと紹介時に必ずアナウンスされていたソニーコンピュータエンターテイメント代表取締役会長兼グループCEOの久夛良木健さんが、6月19日の任期満了をもって退任し、名誉会長となることが発表されました。

 もともと、SCEアメリカの社長だった平井さんが代表取締役社長になった頃から、退任するのではないかと言われていましたから、今回の人事に驚く人は少ないかもしれません。いろいろと書きたいことはあるのですが、ひとつだけエピソードを書いておきたいと思います。

 通常の記事では、取材対象に対してバイアスをかけたように思われないため、個人的に感じていることを書いたりはしません。取材対象の印象によって内容が変化しているなんてことは許されませんし、変な誤解を受けないためです。

 ただ、もう退任されるということなので、少しぐらいは自分の印象を書いてもいいでしょう。

 僕の久夛良木さんに対する印象は、報道などで言われているものとは全く違います。この方は、初対面の人にはある意味、とても横柄で、訳の分からない事を言う人という印象を持たせます。そのあたりが、誤解を受けやすかった理由でしょう。

 しかし、実際にはものすごくシャイで嘘を言わない人でした。言えないことは、ものすごく苦しそうに言わないですし、言いたくないことは言いません。ただ、自分の頭で考えている結論に至る過程を上手に、丁寧に説明するのは不得意でした。
 僕が最初に会った時も、なんだか質問には答えず、はぐらかされたような印象を持ったものでした。しかし、その答えが実際には本質を伝えようとしたことに、数年後、気付かされるのです。

 そんなわけで、取材する側としてもパズルを解くように、注意深く話を聞くわけですが、うまくコンセンサスが合わない時には、とっても悩んだりするわけです。担当替えの多い大手新聞社の記者などは苦労したことでしょう。

 そんな久夛良木さん、最近は「家庭の中でのエンターテイメントを作ろうとして、一生懸命にハードウェア、ソフトウェア、サービスなどを産みだそうとしているのに、取材される内容は全然楽しくない話題ばかり。なにかというと、権力争いやビジネスモデル、お金の話ばかりで、”楽しみを生み出す産業”を育てようという意図が全く見られないのが残念」と周囲に話していたようです。
 昨年、PS3の発売前ぐらいから、ほとんどマスコミとの接触を断ったのも、そんな理由からでしょう。ゲーム産業は十分に大きくなり、その後、久夛良木さん本人が考えるゲーム産業とは別のものになってしまったのではないかな。やりたいことをやろうにも、なんでもビジネス的な野心として片付けられてしまう。

 新しいエンターテイメントを見つけようと話しているところに、ゼロサムゲームを伝えるように競合相手を叩く話ばかり訊かれるんじゃ、そりゃイヤにもなるでしょう。本来、どれだけ楽しいかを競って、そこでの勝ち負けなのに、プラットフォームを出す前から、勝ち負けの話ばっかりですから。

 今後、久夛良木さんが何をやるのかはわかりませんが、本当にやりたいことにゆっくりと取り組んで欲しいですね。

Comment(17)

コメント

kon2

久夛良木氏の印象,なんだか自分にも当てはまるな・・・と思ったら,典型的なエンジニアそのものですね。
個人的には残念なものの,すでにSCEIは据え置きに関しては久夛良木氏が引いたレールの上を進むしかないわけで,単なるゲーム機にしちゃうか,否か,平井氏の手腕に注目したいですね。
 良くも悪くも「カリスマ経営者」でしたから,寂しい限りですが,周りを見ても,ソニー本体にもいなくなってるし,MSだって,任天堂だってすでにいない。でも成り立ってるわけで,普通の会社として機能するためにも避けられない道でしょうね。

(そう考えると,追放された創業者が出戻って生き返ったAppleはまずいですよねえ。ヘビーユーザーですが)

wanwan

元々そういう話題に持ち込んだのは久多良木氏だと思います。
また、SCEと言ってもいいかも・・・
DSに関しておこちゃま発言をした方もいらっしゃいましたよね?
また、久多良木氏に関しても、DS、Wiiに大して最初から見下したモノの言い方をしていたのもあるかと思います。

大きな会社を束ねる人間がコミュニケーション不足では話にならないでしょうし、うまく伝えられなければ、そもそもインタビューなど受けなければ言い訳です。

はっきり言って、自分の失敗の言い訳にしか聞こえません。

とおりすがり

プライベートでいい人かどうかは全く別問題として、公的に「門の位置がおかしいと文句をつける人はいない」とか「プレイステーションがゲーム機だなんて一度も言ったことがない」とか言ってしまう人を擁護することはさすがの私にもできません。

本田雅一

>>kon2さん
平井さんが個人的にどう思っているかはわかりませんが、米国サイドはPS3発売前からゲーム専用機として位置づけて、価格を抑える方向でのパッケージ構成をしたいと言っていたそうです。
ただ、SCE自身がどういう方向に行くのか、予想はしにくいですね。

>>wanwanさん
"そういう話題"とは、ビジネスゲームに持ち込んだという意味でしょうか?
おそらくそれは間違いです。以前は新聞記者などから、そうした質問を受けても、決して技術論やそこから派生するエンターテイメントの話以外はしませんでしたよ。ただ、立場も変化して、極力、ビジネスの話にも応じてはいました。自分から切り出して言うところは見たことがありませんね。
ただ、途中を抜かしてしゃべったことの言葉尻を捉えて記事を書かれることは多かったように思いますから、そういう意味では不用意、不用心ではあるでしょう。それをもって経営者としての資質がないというならば、その切り口においては当たっていると思います。

あとDS,Wiiに関して見下したように話をしたんですか?単に伝え方やとらえ方の問題のように思いますが。

個人的にはDSは思った以上に使い方が広がった(結果、予想よりもユーザー層が広がった)拾いもの。Wiiは確信犯的にDSの良さを据え置きに持ち込んだ作品で、こっちは任天堂なかなかやるなって思いました。

>>通りすがり
PSPのボタンの件は、具体的にどんな質問に対してどう応じたかを知らないので、なんともコメントできませんが、不具合を直さない理由として答えた内容ではなかったと聞いています。
ゲーム機ではないって話は、PS1の頃からビジョンとして話していますね。これは僕も何度か聞きました。ただ、前後の文脈の中では、特に不適切とは感じたことはありません。

新聞記事などは、厳しい字数制限の中で伝えるので、前後の文脈はすっ飛ばして、書きたいこと、ウケると思うことを書いていることがほとんどなので、人物像を読み取るには適していないと思いますよ。

本田雅一

っと「通りすがり」と呼び捨てで書いていました。すみません>通りすがりさん

別の通りすがり

> 個人的にはDSは思った以上に使い方が広がった(結果、予想よりもユーザー層が広がった)拾いもの。Wiiは確信犯的にDSの良さを据え置きに持ち込んだ作品で、こっちは任天堂なかなかやるなって思いました。

確かに当たり方は予想以上なのかもしれませんが、ユーザの間口を広げるという戦略というか方向性は、DSの時点から既にあったと思います。

その賭けが当たったのが拾い物とおっしゃるのなら確かにそうですが、それを言うのならPS3の「脱・ゲームコンソール」的な位置付けだって結構賭けだった訳で。

DQ/FFに嵌まってゲームがエンターテイメントの大きな位置を占めていた世代が高齢化していき、一方でケータイやInternetといった新たなエンターテイメントが次々と登場してくる中で、「普通の人にとっての楽しみ」を追求した任天堂が、正解を引き当てたということなのではないかと。

ところで一つお伺いしたいんですけど、本田さんってゲームをなさる方ですか。

そうは言っても

PSは長年に渡りゲーム機の王者として君臨していたわけで、当然今後の
方針を決める立場の人の記事は注目します。で、大半のゲーマーにとって
直接社長に会えるわけでもなく、Webその他の記事でしか人物像を
読み取るしかありませんよ。どのような人がどのような方向へ向かおうと
しているのか、とね。字数制限うんぬんは読む側の事情ではないですし。
(出来るだけ行間を読むように努力はしてますが・・)
このへん発信する側はたぶんつらい物があるんでしょうが、久多良木さんが
誤解をされていると思うのであれば、それは久多良木さん本人と、
報道する側に大きな問題があった、となるんじゃないでしょうか。

私個人としては、もうゲームの世界から身を引いた?人物の人となりを
知るより、彼が生み出したPS3をどう落とし前をつけていくのか、ゲームは
これからどうなっていくのか、の方に心配や関心がありますね。
BDやめて安くして欲しかったな・・

本田雅一

>>別の通りすがりさん
元々ゲームは好きですが、最近のゲームマニア方向に振れすぎたゲームは、自由になる時間が少ないこともあって、正直、好きじゃないですね。
好き嫌いで言えば、Xbox360やPS3向けの大作よりも、任天堂系や各プラットフォームが枯れてきた後に出てくるアイディア勝負のゲームの方がおもしろい。
グラフィックスそのものの質はあまり気にせず、動きやルールなどによる楽しさ、あるいは物理シミュレーションによる緻密な動きなどが楽しく思います。もちろん、ゲームの題材にもよるでしょうけどね。

僕のコメントを任天堂に対してネガティブな意見と捉えたのかもしれませんが、そうは思っていません。DSの手法は最初に公開したE3の会場にいた時から、すばらしいと思っていました。
ただ、最初から若年層以外にまでブームが広がると革新的にやっていたわけではないのでは?とは思っています。向かっている方向が正しかったから、当たりくじを引き当てたのでは。

そのDSが成功した原因、本質をきちんと分析できていたから、任天堂はWiiで体や道具を使った昔からある"遊び"の手法と、コンピュータゲームの手法をメディアミックスすることに成功したと。これは、ぜったいにこれはウケると確信してやったのだと思います。

もっとも、素材としてのPS3は興味深いので、今後何ができるのだろう?と注目しています。能力を発揮するには、チューニングされたソフトウェアが必要ですから、まだまだ時間がかかるでしょうし、もしかすると能力を発揮させるソフトウェアは出てこないかもしれないですね(プラットフォームの普及が予想できなければ、ソフトウェアも開発されませんから)。

本田雅一

>>そうは言ってもさん

新聞記事から人物像は読み取れないというのは、新聞の構造的なものなので、致し方ないのでは。
新聞記事というのは、字数制限が厳しいほか、実際に掲載されるまで、3人以上のデスクの手を経て記事に仕上がっていくため、途中で論旨が変化したり、表現の手法が変化したり、要約で伝えたい内容を変えたりします。
社説などのコラムは別として、一般的な記事においては、事実関係を(各新聞社からの目で見た事実関係ですが)伝える以上の情報は必ずしも正確ではないと僕は思います。実際、記事内容が変化していった課程を何度か経験していますし、それが原因でコメント掲載を直前で拒否したこともありました。

今回のエントリーは、個人的なブログに、実はこんな人でしたよと紹介しただけで、それ以上の意味はありません。なにしろ発表後1時間後に掲載しただけのブログエントリーですから。
ゲーム業界は、余分な雑音が多い(インサイダーからの情報にしろ、単なる噂にしろ、出所が不明確過ぎる情報が多い)ので、きちんと1次情報に遡って取材してからじゃないと、ちゃんとした記事は出てこないと思います。

そうは言っても

はい、ここがブログであり、さらっと感想を述べた物だということも分かってます。で、その上でどうせ書くのなら、今回の退任が今後ゲームやゲーム業界がどうなっていくのか、編集サイド等のチェックが入らない個人的感想をさらっと述べてもらった方が個人的にはいいです。過去の人物を振り返るのではなくね。我々の大部分は一次情報には触れられませんから、そういう立場の人が書く編集を通さないダイレクトな文というのは興味があるんですよ。飯のタネをタダで明かすわけにはイカンでしょうけど(笑。

本田雅一

書いている人間は、特にメシの種かどうかなどは意識していないんですけどね。僕はゲーム業界のプロではないと自覚しているので、ゲーム関係は依頼がないとあまりメシの種にはしません。
イベントやニュースは別ですが。

あと、すべてのインプレス、ITmedia系のライター署名記事は、論旨などについてほぼノーチェックですよ。たぶん。
もちろん、スペルやスペックの書き間違いや誤字・脱字などは直されますが、論旨修正を受けたことは、いまだかつて無いなぁ。記事取り下げをしてくれという話もないし(マイナスのキャンペーンになるので、レビュー記事を消してくれと言われたことはあります。ひどい製品で....。断りましたが)。

そのあたりは新聞とは、記事ができあがるプロセスが違いますし、書き手側はほぼ自由ですよ。これは紙媒体も同じ。
おそらく他の筆者も同じだと思いますが....。

本田雅一

「マイナスのキャンペーンになるので、レビュー記事を消してくれと言われたことはあります。ひどい製品で....。断りましたが」

と書きましたが、誤解されそうなので補足。

これはメーカーの人から言われたのですが、編集部側も僕も断ったということです。出版社側で取り下げという話は、少なくともテクノロジ系では聞いたことがない。

exor

今まで断片的に拾ったインタビューを繋ぎあわせた印象としては、
「新しい遊びを提供するために最先端の技術を」
という頑ななまでの信念は感じます。方法論的にそれが正しいかどうかはわかりませんが。

しかし、インタビューアや読者が今年~来年の展望を聴きたい場面で、10年先を見据えた
(と思われる)話をされる事が多すぎて。これじゃ理解は得られないだろうなと。
氏の語るCELL構想にしたって、目指したい未来は仄かに見えるものの、そこに至るまでの
ステップを全部すっ飛ばして語っている印象を受けました。


まあ誤解を受けやすい人ではあったのでしょうが、氏の発言はいつも面白かっただけに、
表舞台からの退場は少々残念に思います。やむを得ないことではありましょうが。

sum

> 通常の記事では、取材対象に対してバイアスをかけたように思われないため、個人的に感じていることを書いたりはしません。

我々読者が記事から得られる情報というのは、ある程度内容が掘り下げられるとどうしてもバイアスがかかる事は避けられないと思います。
本田さんのように署名記事で書かれる方の文章は、バイアスがかかっても、そのかかり方さえ理解できれば有意義なものになりますので、むしろ「個人的に感じていること」を書いていただきたいなと感じる次第です。

本田雅一

>> exorさん
Cellのどの部分まで久多良木さんが決定を下していたのかはわかりませんが、目指す方向は決して間違っていなかったと思います。
ただ、残念ながら"翻訳者"たる人物がおらず、きちんと外に向けてメッセージを出すスポークスパースンの役割を果たす人がいなかった。以前、PS2の頃までならば、CTOだった岡本さんが良い緩衝材になっていたんですが。

ただ、いずれにしろ、自ら辞めることを選んだというのは本当のようです。自ら辞して、表舞台から姿を消す、、、とは限らないんじゃないかな?

本田雅一

>> sumさん

もちろん、物とかサービス、あるいは企業の戦略などについては、自分の意見をたっぷり織り込んでいきますし、今までもそうしてきたつもりです。

ただ、久多良木さんのような、いろいろな意味で有名な人物像に関しては別です。たとえば、ある事柄に関して、久多良木さんの考え方が正しいと思って、それを紹介したとしましょう。そこで久多良木さんはこんな人で、おそらくこんな未来を見通しているのかもしれないと書きます。
すると、本田は久多良木さん寄りだと言われ、しまいにはその人物がSCEどころか、ソニーグループの味方であり、広告塔だと言われます。

以前は、どうせこんな子供じみた理論を語るのは子供だけだろうと思っていましたが、見たことのないブログに「本田(本人)」としてコメントが書き散らかされていたり、またどうやらかなり高い年齢層の人にも同じようなことを言われたり。
なので、いらぬ誤解を受けそうな人物に関しては、人物像の描写は控えています。

imodeとプレステを連携させるプロジェクト以来大変お世話になり本当に尊敬する経営者の一人です 

常に技術者であり経営者であるとともにチャレンジを続け世界にゲームという一大産業を生み出した功績は人類の歴史に残る偉業だと思います

しかしながらビジネスとしては最近はケータイもそうですが「無料化」や「廉価で簡単な」ものがヒットする傾向にあります

ゲームそのものの進化よりもコミュニケーションの要素が強くなっているのかもしれません

ブロードバンドや定額制の影響もあり一部のゲーム好きではなくて、マスを対象にするビジネスにおいてはこの流れはある意味必然でありしばらく続くかもしれません

この状況は果たして産業として10年後も続くのか?

Googleやマイクロソフトのような世界に勝てるビジネスが日本から生まれてくるのか?

私はかなり疑問を持っています

理想論ではありますが「価値のあるものに正当な対価を払うこと」「常に進化して新しい価値を世の中に生み出す」「ニセモノはホンモノに勝てない」というあるべき姿に必ず揺り戻しがおこる予感がしています

もちろん広告モデルも立派なビジネスモデルですし今後も確実に拡大していくと思います

ただ人類の進化の中で優秀な技術者がどんどん進化していく世界を創出していくことを止めたときに日本の産業はどうなっていくのだろうか?世界に勝てる技術者は生まれるのだろうか?

という危惧をいただいています

当然ビジネスとして成功しなければ意味がないのですが、制作費は膨大なものになってきているのも事実です

仮に現状が続きクリエーターが正当な対価を得られなくなった場合に

つまらないゲームがどんどん増えて(安いからつまらないとは限らないのは言うまでもないことですが)最後には「ゲームはつまらないもの」という産業自体の荒廃を招く危険はないのか?

確かにimodeでも常に技術よりもユーザーの求めるものを提供することを信条としてきました

しかし同時に常に進化をもたらすことをコンパティビリティを担保しつつ行ってきました

若い世代がホンモノに触れることによって人類の進化、日本の技術の進化が次の時代にもたらされることを切に願うとともにそういった人材の輩出する環境、資金、インキュベーションがもっともっとエンジェルたちの手によって創出されることがこれからの日本のベンチャー、産業に必要なものであると強く強く思う今日この頃です

コメントを投稿する