オルタナティブ・ブログ > NetStats >

ネットがライフラインとなっているビジネスパーソンのために、旬のネットサービス、イケているInsurTechテクノロジーからブロックチェーンまで、インターネットの最新のトレンドとネット活用術を書き綴ります。

iPhoneのアドレス帳を「ナビ」として利用する - 教えてお気に入りiPhoneアプリ Vol.5

»
GoogleMapLogo.jpg

教えてお気に入りiPhoneアプリ Vol.5はフィードパスでfeedpath Calendarのエンジニアリングを担当している森脇聡くんのお気に入りiPhoneアプリを紹介します。

森脇くんはiPhone利用歴が長く2009年1月からiPhone 3Gを利用しています。ソフトバンクの3G携帯も利用しており、2台持ちの状態です。

Moriwaki.jpg

今回の森脇くんのおすすめはアプリというよりは、iPhone標準アプリの連絡先(アドレス帳)と(グーグル)マップを組み合わせたユニークな利用方法です。森脇くんはレストラン、居酒屋、イベントスペースそして友達の家などの住所の存在するをアドレス帳に入力します。

アドレス帳に蓄積された情報は、電話帳として機能することは多くの方が知っていると思うのですが、アドレス帳の住所をクリックするとマップアプリと連動し対象の住所を中心とした地図が表示されるのです。(知らなかったのは僕だけかもしれませんが。。)

ここからは通常のマップアプリケーションとして利用できるので、現在地から該当の住所までのナビゲーションも可能となります。

Map.jpg  AddressList.jpg
アドレス帳(左)の住所をタップするとMapと連動する。

森脇くんはマメにアドレス帳にレストランなどを入力することで、iPhoneに蓄積された、これまで行ったことのあるお店リストを有効活用しています。たとえば、近所で何ヶ月か前に行ったバーを検索する。なんてときに便利です。と森脇くんは言っています。

MoriwakiHome.jpg
森脇くんのホーム画面

みなさんもアドレス帳を有効活用してみてはどうでしょうか?

ナマステ!

Posted by フィードパス 後藤 康成 (Yasunari Goto)

[feedpath PR]クラウド型スマートフォーン対応のグループカレンダー

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する