オルタナティブ・ブログ > Planet GEEK >

社会的にアレな人に最適化されたブログ

Kindleを販売しない小売店(意味もなく俳句調)

»
eBook USERの記事として書こうと思ったが、ソースが日経なものを記事にするのもどうかと自制して、こちらにメモ書き程度に書き残しておこうと思う。

 ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンの3社が、Amazonが11月19日から販売を開始する「Kindle」の販売を見送ることを決めたと日本経済新聞が11月17日付けで伝えている。一方で、Amazonサイト上に出店しているビックカメラ、ケーズホールディングス、上新電機はKindleを販売すると記事では触れられている。この記事からはKindle Paperwhiteだけなのか、Kindle Fireを含めたKindleシリーズ全般なのか読み取れないが、恐らく後者だろう。

 今回3社が販売を見送る理由として挙げられているのは、大きく分けて「Amazonへの顧客流出につながるから」「店舗側の粗利率が低いから」の2点。前者について言えば、ヨドバシカメラは楽天koboの「kobo Touch」を取り扱っている。Amazonも楽天もネット通販を手掛けているのに、この違いは何だろう。ネット通販憎し、という理由だけではうまく説明しきれない。

 その理由の1つが、「店舗側の粗利率が低い」なのだと思われる。Amazon自身がハードウェア販売からの利益を追求していないのは、ジェフ・ベゾスCEOから幾度となく語られている。製造原価に近い価格で販売しているのだから、量販店が店頭販売しても、需要の割に利益にならないことは想像に難くない。

 一方で、Koboの端末は、ヨドバシカメラやエディオンも取り扱っており、そのほか、ビックカメラ、ソフマップ、コジマ、Joshinで店頭販売されている。11月15日にはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)最大のフランチャイジーであるトップカルチャーが運営する店舗での販売も開始された。

 Koboはタブレット端末「kobo arc」を今後日本でも販売予定で、端末からのコマースを推進していく姿勢を明確に示している。恐らくarcは量販店でも販売されるだろうが、量販店からみればそれも顧客流出のはずだ。それでもこうした違いが出てくるのは、Koboが量販店と良好な関係を築けているからだと考えられる(量販店にもある程度うまみのある条件なのだろう)。

 となると、結局のところ、ネット通販に対してというよりは、Amazonに対するピンポイントなアレルギー(または脅威)なのだろうと、書いた割には特に語るまでもない結論が出てくるのだが、それは何も日本固有の現象ではない。海外でも、米国では量販店チェーン大手のTargetが5月に、9月には最大手のWalmartがKindleシリーズの販売中止をそれぞれ発表している。

 リアル店舗がショーケース化し、購入はネットで、というのは、孟子の「水の低きに就くが如し」、攻殻機動隊 S.A.C的には「水は低きに流れ、人の心もまた低きに流れる」を持ち出すまでもなくすさまじい水流として顕在している。今回3社がKindleの販売を見送ったことで、その流れをほんの一時遅らせたとしても、ネット通販の利便性に勝るものをリアル店舗が打ち出せなければ、結局のところ焼け石に水となりかねない。さらに言えば、ハードウェアではなく、電子書籍のようにコンテンツにこそ意味があるものは、この傾向がさらに強く出てくるはずだ。その意味では、リアルの書店にも同じ問題が突きつけられている。

 ちなみに現在、Kindle Paperwhiteは世界的にみても供給不足の傾向にあり、今注文しても海外でだいたい12月以降、国内だと2013年1月以降の発送予定となっている。すぐにでも購入したいなら、ビックなどで販売されているものを狙うのも手だろう(どの程度入荷するかは不明だが)。ちなみに11月19日は、米国で初めてKindleが発売された日でもある(2007年11月19日)
Comment(3)

コメント

TETSU

通販への影響も大きいと思いますよ。今のkoboは単なる電子書籍ですけど、Kindleの目標は電子書籍だけでなくAmazonで買い物してもらうことですからね。
KindleのOSはAndroidをベースにしてますが、大幅に手が入れれていて、自社向け広告を優先的に出す機能もあったし、やろうと思えばもちろんいろいろ可能ですから

例えば、何らかの家電の検索をしたら、アマゾンの該当製品がトップに表示されるような仕組みもやってくると予想されてます。
もちろんAmazonにすればOSは何でもよくて、素のAndroidと動作が違うという批判も的外れです。それができると思っているから、採算度外視でばらまいていると思われます。
実際店舗で商品を確認して、携帯で検索してネットで購入という流れは既にあって、今後はもっと問題になるでしょうね。

楽天は・・ショッピングモールなのでまた別の話かな。
koboからそのショップのネットショッピング出来るような仕組みでも考えているかも?

西尾

>TETSUさん
koboもarcで同じことをやろうとしているのはエントリ内で述べた通りです。arcのtapestry機能はそうした機能です(ちなみにarcもAndroidベースです)。19日から販売されるPaperwhiteは単なる電子書籍リーダーなので、これが普及しても基本的には購買アイテムが電子書籍に限定されるので、量販店へのインパクトは比較的軽微です。だから、Kindle Fireにこの話が及んでいるのかに触れたというわけです。

TETSU

koboについては昔の情報しか知らないのでよくわからないのですが、本屋も儲かる仕組みって言われていたと思います。
よくわからなかったけど、本屋で本を立ち読みして、その場でkoboで購入しても、本屋に紹介料みたいなものが入ってくる仕組みを目指しているとか・・・Kindleのビジネスモデルと違ってリアル店舗にも有効な仕組みがうまくいけばいいなと思ってました。

もしかしたら、arcも何らかのキャッシュバックのようなシステムがあるのかと。例えば店舗で商品のバーコードを読み取って、それを楽天で購入すると店舗にいくらかの収入が入るようなものとか

コメントを投稿する