オルタナティブ・ブログ > 未来の人事を見てみよう >

人事・組織領域を専門とする、クレイア・コンサルティングの広報・マーケティング担当です。人事・組織・マネジメント関連情報をお伝えします。人事やマネジメントの方々にとって、未来の組織を作り出す一助になれば大変うれしいです。

男性が女性の仕事を侵略する時代

»
クレイア・コンサルティングの調です。こんにちは。更新が遅くなりすみません。
本日はBNETより、アメリカの雇用事情の変化について。

日本だけでなく海外でも(あからさまではないにしても)性別による差別は存在しますが、その点を考慮しても、ちょっとした性差での職域の分布が変わってきているようです。



Men Gain Jobs, Move into "Female" Industries

男性の就職が増加、より"女性"の産業へ移動

http://www.bnet.com/blog/business-research/men-gain-jobs-move-into-8220female-8221-industries/1822



景気が回復してきたかどうかの判断は、性別によって変わりそうです。

先の不況の折、2007年12月から2009年6月までの間の統計では、540万人の男性が職を失ったのに対し、女性は210万人が職を失ったとのこと。

これは、サブプライムローンの破綻等により、建設業界で大きくリストラが進んだことが大きな要因です。


そして景気回復は2009年6月からというのが公式な見解としてあるのですが、それ以来男性の就業は増加しているのに対し、女性は以前として職を失い続けています。

2009年以来、男性は768,000件の求人が生まれているのに対し、女性は218,000件の職が失われているそうです。

現在の失業率は、男性が9.5%、女性が8.5%。


そのような中、米Pew Research Centerの調査結果を元に、ではどこにどのような仕事があるのかを探してみたところ、次のような結果が出てきたようです。


At least part of the gain in men's employment has come in industry sectors, such as education and health services, that are traditionally thought to be strong ones for women. During the recovery, men's employment in education and health services has grown by 7.0%, while women's has increased by 3.2%. According to this piece in the Washington Post, the number of men training to become nurses and pharmacy technicians is rising dramatically.

男性の雇用が進んだ要因の一つとして、伝統的に女性の雇用が進んでいた教育や医療サービス産業での雇用があげられる。景気が回復する中、教育と医療サービスにおける男性の雇用は7%伸びたのに対し、女性は3.2%しか伸びていない。Washington Post紙の記事によると、看護士や薬剤師を目指す研修への受講者も飛躍的に伸びている。


16の主要セクターを詳しく見ていったところ、1つのセクターを除いて、男性のほうが女性よりも多くの職を得ていたことが明らかになっています。


  • In five sectors, men have gained jobs while women continue to lose them. The difference in the retail trade sector is especially stark: Men gained 159,000 jobs while women lost 165,000 jobs.

    5つのセクターで、男性は職を得ている一方で女性は職を失い続けている。小売卸のセクターでの差異が特に大きく、男性が159,000の職を得たのに対し、女性は165,000の職を失っている。

  • In five other sectors, both men and women have gained jobs, but men have gained more jobs. These include education and health services and professional and business services.

    別の5つのセクターでは、男性、女性両方とも職を得ているが、男性がより多くの職を得ている。この中には教育や医療サービス、プロフェッショナルサービスやビジネス向けサービス(B2B)が含まれる。

  • In an additional five sectors, both men and women are still losing jobs. But men are losing fewer jobs in these sectors than women are. These include jobs in construction and local government. Overall, government has been shedding jobs, and more of those getting pink slips are women. During the recovery, federal, state and local governments eliminated 297,000 jobs held by women and 133,000 held by men.

    さらに他の5つのセクターでは、男性、女性ともに職を失い続けている。しかし、男性は女性ほど多くの仕事を失ってはいない。このセクターの中には建設や地方公務員が含まれる。総じて政府は雇用を減らしており、そして解雇通知を受け取っているのは女性のほうが多い。景気回復の最中にも、連邦、州および地方政府は297,000の女性の職を削減する一方、男性の職の削減は133,000に留まっている。

  • In only one sector-state government-have women added more jobs than men.

    州政府が唯一、男性より女性の雇用を増やしている。


元々家庭を出てビジネスに参画する女性が1970年代以降次第に増えてきていた、という大きな流れがあったようですが、上記のような女性の雇用が増えない情況は、統計史上初めてのことだそうです。

以上ご参考までに紹介してみました。ご一読感謝。





Comment(0)

コメント

コメントを投稿する