オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

KORGの次はAKAIがきた!「SynthStation」はDS-10対抗?

»

 以前から話にでていたiPhone用シンセサイザーアプリがついに登場しました。AKAI Professionalの「SynthStation」です(App Storeへのリンク)。

 もともとはiPhoneを組み込む形のMIDIキーボード向けアプリとして想定されていたようですが、アプリとしての単体もされました。iPhone/iPod touch用ですが、iPadでも利用できます(2倍モードでも動作可能)。

 価格もわりと高め(1200円)ということもあり、機能的には充実しています。アナログシンセサイザー、ドラム、エフェクター、X-Yパッド、ソング機能を持ったピアノロール式シーケンサーも付属。

 かなり盛りだくさんなので、ビデオを御覧下さい:

 ちなみに、iPadの2倍モードでやると、キーボードはかなり弾きやすく、そのまま行ける気がしました。このビデオもそうですね。

 シンセサイザーはOSCが3基。サイン波、三角波、矩形波、鋸歯波、パルスウィドゥスも調整可能。

 X-Yパッドへの割り当ても視覚的でわかりやすい。

 X-Yパッドのコントロールやアルペジエイターは実によくDS-10を研究しています。ピアノロールシーケンサーでのパターンをキーボードでのコントロールがオーバーライドするというのはまさにDS-10。そのときのアルペジエイターがリアルタイムでさらに細かく制御可能です。制御できるパラメータとしては、キーのレンジ、アルペジエイターパターン(ダウン、アップ、エクスクルーシブ、インクルーシブ、ランダム)、分割数(1/2から1/32まで)、スウィング(%)、テンポ。さらにアルペジエイターのオン/オフ、ラッチ。鍵盤レンジも、鍵盤サイズも変更できます。


 と、いろいろ考えると、これはDS-10対抗なのではないかという考えがふと浮かんできました。かなり奥深そう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する