オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

ハードディスクの空き容量が少なくなったのでSnow Leopardにする、という選択

»

 本日発表された、Snow Leopardの発売日。28日が楽しみです。というのは、メインマシンであるiMacのディスク空き容量が非常に少なくなっているため。新OSではLeopardに比べてOSでインストールされる容量が7Gバイト減るそうじゃないですか。これは大きいです。外付けハードディスク購入を先延ばしにできるかも(笑)

アップル、最新Mac OS X「Snow Leopard」の発売日を8月28日に決定

 うちは家族全員が使っているのでファミリーパックにする予定。それでも5600円というのは安くていいです。Windows 7もそのくらい安いといいのにね。

Comment(5)

コメント

MacBook Proは残り容量9.5GB、Mac Proは92GB。どちらもそれぞれで行う作業から考えればもっと大きなディスクにシステム移行したい時期でした。Mac Proはバルクドライブ買ってくれば簡単に解決するけどMacBook Proの方はもう少しずるずるいきたいなと思っていたところでした。
 Snow Leopardで7GB空きが増えれば来年まで引き延ばすことも不可能ではないかもと自分を励ましております。

注文しました。初代MacBook Airで残りが10GBです。雪豹でどれくらい増えるか楽しみです。

hisakiさんもkoutaさんも似たような状況ですね(笑)
とくにMacBookでは簡単にディスク交換できないし、これはけっこううれしいかも。

やま

私もkoyaさんと同様なのですが、そもそも残りのHDD容量が少ない状態でインストールできるのかが疑問で悩んでます(笑)。

はじめまして、こんばんは!
Snow Leopard が待ち遠しいですね。

いつもはOSのバージョンアップがあっても、ゆっくり周りの様子を見ながら派なのですが、今回は、私もディスクダイエットを狙って即導入予定です。

うちのMac Mini のHD残り容量は6.69GB!
やはり、インストールできるかどうかが心配です。
(いまのLeopardをインストールするときには苦労しました)

コメントを投稿する