オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

イマドキの中学生はUSB充電器を授業で作る

»

 息子(#3)が中学校の技術の授業でこんなものを作ってきました。

Dynamo0


3相ダイナモライト

 山崎教育システムという学校用教材の専門会社の製品です。

超高輝度白色LED 3カ所使用 1台で3役(LED、警報ブザー、携帯電話充電) 品番 N6700~6701 価格 2200~2500円 効率の良い3相式ダイナモで充電(ニッケル水素電池内蔵) チャージ用ランプ付。 長寿命で消費電力の少ない超高輝LED(白色)3カ所使用 1分間の手回し充電で(約120回転)携帯電話が約3分間通話できます。 USBコネクター付 2分間充電で約60分使用可能 付属の実験基板で8種類のエネルギー変換実験ができます

 マニュアルを読むと、これでハンダ付けや抵抗などを学ぶようです。

 携帯電話やiPodなどのUSB機器を、これを使って手回しで充電できるので、なにげに実用的ですね。

Comment(2)

コメント

くらはし

私らはプリント基板を自分らでエッチングして作るICアンプでしたっけ(遠い目)。

koya

それはいまでも通用するような。そういうふうにしてアキバ電気オタクができあがったんですね。

コメントを投稿する