オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「小説を無料で聴ける」ポッドキャスト

»

 米国のiTunes Storeで紹介されていたPodioBooksというポッドキャスト(iTunes Storeへのリンク)、面白い試みだと思いました。オリジナルの小説などを読み上げるポッドキャストで、気に入ったらドネーションしてください、というもの。けっこうたくさんの作品が上がっています。

 有名な作品こそありませんが、中には日本人が聴いても面白いのでは、というものもあります。“In the Service of Samura”という、Amazon.comで15ドルで売られているペーパーバックが、そのまま著者本人のナレーションでポッドキャスト化されているのです。やるもんですね。

 著者のグロリア・オリバーさんは、科学忍者隊ガッチャマンの影響を強く受けたらしく、ゾンビ+サムライという変な日本趣味(ある意味、魔界転生)設定の作品となっています。わたしはこれから聴いてみようかと思っておりますが、評価はいいみたい。

 著者にはドネーションの75%が行く仕組みになっているそうです。寄付はPayPalから。日本でもこんな試みをやると面白いかもしれませんね。

 パブリックドメインの作品もいくつかそろっています。「赤毛のアン」とか、シェークスピアのソネットとか。

 日本では、古典文学だと、「ききみみ文庫」(iTunes Storeへのリンク)というのがあります。大塚明夫、栗原小巻の朗読という、豪華なもの。「フジポッド文庫」(iTunes Storeへのリンク)はアナウンサーによる朗読。青空文庫のソースから読み上げる、「RDK -RoDoKu」というのも(iTunes Storeへのリンク)。オリジナルだと、「内藤みかの聴くケータイ小説」(iTunes Storeへのリンク)というものもありました。

 ところで、今週のiTunes Store(米国)はすごい。まず、ビリー・ジョエルの新曲(iTunes Store USのみ)と、全アルバムが7.99ドルに値下げ。アメリカン・アイドルのロッカー、クリス・ドートリーのバンド、DaughtryのAOL Sessionsライブ(iTunes Store USのみ)

 そんな中、Tokyo Police Clubという同じく変な日本趣味のバンドを発見。これは日本のiTunes Storeで売っています。

 ニール・ヤングの“Heart Of Gold”という映画も発見。ほお。こんなことをやっていたとは。映画なので、日本では販売されていません。

 “LOST”シーズン3の総集編である“Survival Guide”というのも出てますが、ネタバレしないように気をつけてダウンロードしないと。これも米国のみです。日本の人は、シーズン3放送を気長に待ちましょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する