オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

MusicIDを試す

»

 ひさしぶりにWindows環境を整備しています。

 iTunes Music StoreやiPodの隆盛により、Macをメインにしていることで不自由を感じることは以前よりも少なくなっているのですが、依然として圧倒的に不利な分野があります。それは、ビデオオンデマンドの世界。Macで足りない部分を補完するために、とりあえず新しいWindowsマシンを1台導入することにしました。

 Amazon.co.jpで買ったHPの一番安い、Celeron MベースのノートPC、コンボドライブで512Mバイトメモリ、15インチ画面。これが8万円で買えるというのは、いい時代になったものです。来年登場するであろう、デュアルコアIntel CPU搭載のMactelマシンが出れば、さらにいい時代になる気がするので、投資額は最小に抑えています。

 GyaOとか、第二日本テレビだとかの接続設定をしたりしているのですが、ビデオコンテンツとは無関係の、音楽ソフトで気に入ったものが出てきました。Replay Musicというソフトです。PC MagazineでEditors' Choiceにも選ばれた製品。今なら30ドル以下の割引価格で買えるようです。

 このソフトは、「究極のストリーミングレコーダー」をうたっています。ようするに、サウンドカードに入ってくるサウンドをなんでもレコーディングしてしまうソフトです。以前、Mac用ということで取り上げたAudio Hijack Proのようなソフトなんですが、このソフトにはAudio Hijackにない大きな特徴があります。

 Gracenoteの楽曲データベースを使い、楽曲の波形解析を行ってIDタグ付けをしてくれるという機能があるのです。長瀬産業のMP3プレーヤー「HMP-100」に搭載されたMusicID機能といったほうが分かりやすいかもしれません。MusicIDの技術的な詳細は小寺さんのこの記事で。

 この機能を搭載したソフトとしては、オンキヨーのCarryOn Musicが既に発売されていますが、Replay Musicはオンザフライでタグ付けができ、分割化、MP3化、さらにはiTunesライブラリへの追加までやってくれるというのがすばらしい。

 50曲ほど試してみましたが、かなりの確率で曲名を拾ってくれるようです。日本語の楽曲もOK。ちゃんと日本語で情報を入れてくれました。

 25曲分までのレコーディング&解析がデモ版で可能なので、試してみてはいかがでしょうか。

Comment(5)

コメント

himat

MusicIDは、他にこんなソフトでも使えます。

Media Manager - ベクターソフトニュース http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/050924/n0509241.html
Yahoo! Music Engine for FREE http://music.yahoo.com/musicengine/

でも、現時点でベストなのはコレ。

Quintessential Media Player (QMP) 開発版検証 http://www.anime.net/~sasami/ura/qmpbeta/
ダウンロードはこちら
qmp104.exe Build 104 (development) (August 12, 2005) http://www.quinnware.com/version_history.php

β版で本体ではメニューの日本語表示は出来ないみたいですが、MusicIDは日本語で使えます。
なんといってもGracenote社より機能のテスト実装を依頼されてるってのがスゴい。
要は、windowsソフトベースのMusicIDのオリジナルはこれなわけです。

winampの上を行くソフトだと思うんだけど、人気、知名度はどちらも今イチなのが何とも。

himat

あ、扱い方はこちらのページの方が判りやすい。
Quintessential Media PlayerでMusicID http://homepage3.nifty.com/nanahoshi/anarogu2/qmp/qmp.html

軽いし高機能だし、なによりもタダってのがいいね~。
MusicIDは使えないけどオリジナルのqcdプレーヤーも良いです(実際はMusicID使うとき以外はこっちの方が良い)

koya

himatさん、貴重な情報をありがとうございます。ライブドアのMedia Managerは出たときからかなり気になってました。インタフェースがかなりiTunesぽくて、しかも新機軸を出していて面白いですね。Yahoo! Music EngineはY! Unlimitedで使ってます(笑)。
QMP、よさげです。WinampはUIが気に入らないので、QMPのほうをメインにしてみようと思います。

hiroshima

Replay Musicはオーディオドライバをインストールするらしいですが、インストールした直後他のほぼ全てのアプリケーションでドライバが競合し起動できなくなってしまいました。アンインストールもできないです。確認できたこれの唯一の解決方法は、セーフモードで起動するだけです。

よくわからない方はインストールしない方がいいかと思います。

koya

hiroshimaさん、情報ありがとうございます。ドライバの競合ですか。代替のオーディオドライバをインストールする方式なので、互換性の問題があるのかもしれませんね。FAQによれば、Vistaとの互換性もまだとれていないようで、十分な注意が必要ですね。
http://www.applian.com/replay-music/support/faq.php

コメントを投稿する