オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

特集は"IoT、ビッグデータ、AI、ロボットは成長の切り札!変化をチャンスに!"

»

経済産業省は2016年8月、広報誌「METIJournal」8・9月号を発行しました。

特集1は"IoT、ビッグデータ、AI、ロボットは成長の切り札!変化をチャンスに!"となっています。

IoTやビッグデータ、人工知能、ロボットなどに代表される技術革新の急伸により、ビジネス環境が大きく変わろうとしています。私たちは今、この変革期の岐路に立ち、痛みを伴う転換をするか、安定したジリ貧を取るかの選択を迫られているのです。本特集では、この変化をチャンスとして飛躍できるか、産業界のリーダーの見解や先端企業の取り組みを取りあげながら、産業構造や就業構造がどう変わっていくかをご紹介します。

20160801001a.jpg
広報誌「METIJournal」8・9月号

本特集の

産業構造の変化では、
・コミュニティ全体でのエネルギー供給や物流の効率化
・家庭内機器のIoT化
・自動車の自動走行やドローンの技術の進歩

などを紹介し、自動車製造業、鉄道などの交通事業、物流事業、シェアリング事業といった従来の業種別産業から、社会ニーズに合わせた異業種間での業界再編が起こる可能性を指摘しています。

本特集の産業構造の変化では、
・コミュニティ全体でのエネルギー供給や物流の効率化
・家庭内機器のIoT化
・自動車の自動走行やドローンの技術の進歩

などを紹介し、自動車製造業、鉄道などの交通事業、物流事業、シェアリング事業といった従来の業種別産業から、社会ニーズに合わせた異業種間での業界再編が起こる可能性を指摘しています。

就業構造の変化では、

・AIやロボットを使いこなして共に働く仕事
・人が直接かかわることに価値がある仕事
・付加価値の低い仕事の減少
・人が直接対応することが質・価値の向上につながる高付加価値な仕事の増加

などを活用イメージなどを踏まえながら、技術の革新によって、人間に求められる仕事の内容、役割が変化していく流れを紹介しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する