オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Googleマップの徒歩ナビで方向音痴でも世界が広がる

»

昨夜はIFA 2014関連の発表がたくさんあって、ついつい2時ごろまでにZenWatchやらASUS MeMO Pad 7やらGALAXY VRやらの記事を書いてしまい、本日分のお仕事が午前11時までに終わってしまいました。

夏の間暑くて普段より2割増し運動不足だったし、今日は曇りでお散歩日和ということで、隣駅まで歩いてみることに。

自宅から隣駅までの間にはどーんと大学のキャンパスが広がっていて迂回するのが大変そうなので、これまで挑戦したことがなかったんですが、時間はあるし、とNexus 5のGoogleマップ徒歩ナビをオンにして行ってみました。

そしたら、大学の中を通りなさいと言うんですよ、Google先生が。農学部の校舎の前を通るんですか?

Sanpo

守衛さんがこっち見てるなぁ。どうしたもんか。 勇気を出して守衛さんに「Google先生がこの道を通れって言うんですけど、ここは大学構内で関係者以外は入っちゃだめですよね?」と画面を見せたところ、「ああ、このルートなら公道だけで行けますよ。これは便利ですねぇ」とにこにこ教えてくれました。

Cafe

なーんと。

今まで構内だと思っていた道は公道だったのでした。よく見ると、キャンパス内に「ここから私有地」とか看板が立ってます。

Google先生ありがとう。

途中からすごく細くて険しい道になったり、急な階段があったりして心細かったけど、無事駅について、本屋さんで本を買って、帰りは前から行きたかったおされなカフェに寄ってジンジャーハーブティーを飲みつつ少し本を読んでから帰りました。

もちろん帰り道も徒歩ナビさま頼りです。

私は目的地の数メートル手前で迷子になって30分たどりつけなかったりする超方向音痴なんですが、徒歩ナビのおかげで世界が広がっております。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する