オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

「プロメテウス」見た人は某社の企業サイトを見ると楽しいかも(ちょっとネタバレかも)

»

見てきましたよー。「ブレードランナー」好き夫婦なので。でも、「エイリアン」のリドリー・スコットなのでした。日本の公式サイトでは全然触れていませんが、エイリアン好きな人は必見です(つながってるので)。

だんなはこの映画が3Dデビューだったのですが、幸運なスタートかもです。アメイジング・スパイダーマンよりずっと3D効果が生きてたと思います。

この先はちびっとでも前知識なしで映画を見たい人は読まないでください。ネタバレはしてないと思いますが。




プロジェクト・プロメテウスに出資しているウェイランド社は、エイリアンの宇宙船の所有者であるウェイランド・ユタニ社の前身なのでした。で、ちゃんと企業サイトがあるです。

これがしっかりしたサイトになってて、「企業概要」とか「製品」(アンドロイドの動画あり)とか「求人」とか「投資家向けページ」もあります。社史のページは1990年の社長生誕からスタートしてプロジェクト・プロメテウスまでになっています。社長のピーター・ウェイランドはインド生まれの英国人でサーの称号を持ち、ノーベル賞を2つもとった天才。2023年のTED(!)の講演の動画もあります。

この社史のタイムラインを追っていくと、CERNを買収したりNASAから特許を買収したりユタニとの特許訴訟で勝ったりと波瀾万丈。映画より面白いかも。「プロメテウス 2(タイトルはこうならないと思いますが)」の頃にはタイムラインがもっと伸びてるのかな。2014年か2015年に公開らしいですけど。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する