オルタナティブ・ブログ > 高瀬文人の「精密な空論」 >

記者としての取材や編集者としての仕事の中から浮かんだふとした疑問やトピックをご紹介。裁判や企業法務、雑誌・書籍を中心としたこれからのメディアを主なテーマに、一歩引いた視点から考えてみたいのですが、まあ、精密でない頭の中をそのままお見せします。

地域の挑戦・国際交流で過疎を生き残る③――二本の腕

»

■SL列車に手を振ることから

 ふだん、福用駅にはSL列車が止まらない。

 だが、北五和(きたごか)自治会には「SL列車に手を振ろう」という運動がある。提唱者の鈴木嚝雄(ひろお)さんは、「SL列車のお客は遠くから来てくれる人。少しでもこの地域が好きになってほしい。それに、手を振るのはタダだし」と笑う。

 大井川鐵道のSL列車に乗っていると、沿線の人たちがよく手を振ってくれることに気づく。理由を聞くと、鈴木さんと同じことを語る人が多い。

 東日本大震災による放送中止で逆に脚光を浴び、「励まされた」と大好評だったJR九州新幹線全線開通のCMが示すように、列車の内と外で手を振り合う光景は、不思議と私たちの心に灯をともす。

■小さな集落が世界とつながったとき

 今までの交流会は、市の施設や、駅の特設舞台などで行われてきた。このような集落の公民館で、自治会主催の会は初の試みだった。

「あんな小さな集落で交流会なんて大丈夫なのか」

 などと、危惧する声もあったという。だが、しめくくりにみんなで福用駅まで歩き、通過する定期SL列車に手を振ったとき、国の違いを超えて、場は一体のものになっていた。

 最後の行事である記念写真。ここでちょっとした驚きがあった。

 そのときには気づかなかったが、東京に帰って撮影した写真をモニターに写し出したとき、私は北五和のみなさんの「こころ」を見た。

10431500_10203034076631231_6777915510849936610_n.jpg

 二本の腕が写っていた。

 日本とスイス両国の国旗が、きれいに写真に写るように広げられているのだ。

 誰か知らない、遠来の人に手を振ることと。相手の国旗と、自国の国旗を拡げること。それは、相手を尊敬し、自らの生き方にも誇りを持つことだ。

 言葉の必要のない国際親善の姿がここにあった。北五和の人たちから、私は大きな学びを得た。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する