オルタナティブ・ブログ > インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング >

テレビのデジタル化がドライビングフォースとなり、全ての情報メディアが一旦、収縮する時代の羅針盤

ドイツの敗退とビッグデータW杯の終焉

»

 ドイツがワールドカップで予選敗退だね・・なんでぇ?

 そらそうだよ・・・ビッグデータやAI分析の競争優位性を失ったからだよぉ・・・

 えぇええええぇぇぇ・・そうなのぉ

 何れ詳しい記事が出ると思うよ・・この件に関しては・・・^^

 

Dejected Germany players following their defeat to South Korea.

<出所 ガーディアン、ニューヨークタイムス>

ロシアのワールドカップ2018で前回優勝のドイツが一次予選敗退を喫しています。ドイツは2016年のブラジルオリンピックでも2位にはいる強豪チームでした。

それが今回は一次予選で敗北しました。

■2014年はビッグデータW杯だった

 2014年、ドイツがW杯で24年ぶりに優勝したのはインダストリー4.0を背景としたSAPのデータベース「ハナ」などによる選手のデータ分析のたまものと言われていました。W杯のゴール判定のシステムもドイツ製であり、ボールのゴール認識を情報システムで行い、結果を審判のウエアラブル端末(スマートウオッチ)に返すシーンが何度も放映されていました。

しかしその後、各国チームも野球やバスケットボールを含めてビッグデータW杯で活用されたドイツのビッグデータ分析を導入し、全選手の疲労度合いや動きなどの知識は従来とは比較にならないほど整っていました。そしてロシアのワールドカップ2018では、試合中のカメラ利用などビッグデータ分析が公式に認められています。また約700人を超える全参加選手の顔認識もAIでサポートされていました。

■ 優位性を失ったドイツ

 その結果、ドイツは技と体力をレバレッジしていたビッグデータの優位性を失ったようです。しかし今後W杯に出場する条件としてビッグデータ分析は必須になるでしょう。

ビッグデータ分析と言う共通プラットフォームの上での戦いにドイツは破れました。

★★ サッカーW杯 前回優勝ドイツの敗退に世界も衝撃と落胆

★★ ドイツ、W杯黒星スタートは史上2回目...過去の初戦結果と最終成績は?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する