オルタナティブ・ブログ > インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング >

テレビのデジタル化がドライビングフォースとなり、全ての情報メディアが一旦、収縮する時代の羅針盤

米国大統領選挙のメディア予測失敗はAIの勝利か敗北か

»

アメリカ大統領選挙は様々な調査会社がコンピューターを駆使して「ヒラリー・クリントンさんの勝ち」って言ってたでしょ?

 コンピューターの予測なんて当たらないわね。

 何がAIの時代よ!! いいかげんだぁ

 いやいや AIでも一つだけ、トランプさんの勝ちを当てたのがあるよ・・

 でも どうやら一般メディアは正確な統計データをとれなかった(隠れトランプ支持者にやられた)と言う反省の弁みたいだね^^

-

-

 隠れトランプ支持者さんは一杯いた・・・・

trump

<出所 SAVING AMERICA  >

 ニューヨークタイムス紙など多くの米国メディアは2016年11月8日の大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントン氏の当確を予測していました。それらは伝統的な調査に加えて最新の深層学習などの予測もなされていました。しかし結局当選したのは共和党のドナルド・トランプ氏でした。そして多くの間違った結果は、隠れトランプ支持者を調査データから拾えなかった点を挙げています。

さてそうした中でMogIAはインターネットのデータ約2千万人分を駆使してトランプ大統領の誕生を正確に当てています。そこで間違った予測をした米国の伝統メディアからはインターネットの「ソーシャルメディアでは明らかに無党派層の中で密かにトランプ支持が増えていた」そして「それを見逃した」と反省の弁が述べられています。

一方伝統メディアもAIや様々なコンピューター分析を駆使して結果を予測しています。深層学習は統計学と確率論を使っていますから、様々なメディア予測などとの方法論に大きな違いはないはずです。(統計学と確率論を使う限りAIも予測を間違える場合があります)

そこでどうやら米国のメディア予測の誤りのPDCA(反省)は「隠れトランプを伝統調査ではデータとして拾えなかった」一方MogIAは「インターネット上に現れた膨大な隠れトランプ層を拾った」という統計学のデータ議論に落ち着いています。

結局データを拾う限界=統計学という方法論の限界が出たということでしょうか。

★★ 米大統領選 世論調査の在り方も議論に

★★ A.I. Computer Has Never Been Wrong- It Just Predicted the Winner of the 2016 Presidential Election!

★★ 「トランプ現象」は、いずれ日本でも起きる 2021年まで安倍首相なら日本社会も深刻化?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する