オルタナティブ・ブログ > 中村昭典の気ままな数値解析 >

●人、●%、●億円…メディアにあふれる「数値」から、世の中のことをちょっと考えてみましょう

【40%】知りたい情報を探すより、知りたくない情報を遮断する方が難しい…という時代かもね

»

 昨日行われた、全米プロフットボール選手権(Super Bowl)。全米が熱中し、TV視聴率は毎年【40%】を超え、スポットCM料は30秒で300万ドルとも言われる、まさに破格のスポーツイベント。何を今さら、という話はさておき。実はわたしも40年近いアメリカンフットボール・ファン。Super Bowlは毎年楽しみのひとつで、今年はどっちが勝つんだと、素人ながらワクワクしてこの日を待っているわけです。
 
 Super Bowlは毎年2月の第一日曜日の夜に行われます。試合は世界中に生中継されるのですが、時差の関係で、日本では月曜日早朝の放映となります。これ、正直言って本当に辛い。その結果、大袈裟ですが、わたしにとっては「一年中で一番仕事に行きたくない月曜日」となるわけです。
 
 マジメな話、有給取ったりして観戦した年も何度となくあるのですが、さすがに仕事の状況で休めない年もある。当然、そんな時は録画して備えることになります。できるだけ早く仕事を切り上げて、一目散に自宅に帰り、一人テレビの前に着座して観戦モードに入るわけです。そりゃスポーツイベントはナマが一番いいに決まっています。間違いないですよね。でも仕方ない。百歩譲って録画です。
 
 しかし。問題はここからです。
 
 わたしの場合、自分が見る前に、試合の結果を知りたくないのです。誰が何と言おうと、絶対に知りたくないのです。だって楽しみが半減するじゃないですか。ところが。実はここ3年ほど、同じような状況で、それなりの対策を講じているにもかかわらず、試合前に結果を知ってしまう事態に追い込まれているのです。
 
 ::: ::: :::
 
 結果を知らないようにするために、わたしはできうる範囲で防衛策を講じ、情報遮断を行います。わたしが講じている対策とは、

1.職場で周囲の人間に、Super Bowlの試合結果は絶対に口にしないよう協力依頼する
2.試合が始まる時間(日本時間で午前8時)以降、Webには接続しない。もちろんTwitterもやりません
3.昼休みは学食にも行かず、一人カップ麺で済ます
4.仕事を終えて帰宅するマイカー車内、ラジオは聴かずにCDにする

 ざっと書くと、こんな感じ。なんとまぁ、涙ぐましいまでの努力(笑)。されど、敵はなかなか手強いのです。わたしも、まさか3年連続で失敗するとは、思ってもみませんでした。
 
 ここ3年間で、わたしが目標達成に失敗した理由を白状しておきます。

3年前:夜7時頃。時間を確かめようと開いた携帯の待ち受け画面。瞬間に流れてきたテロップに「ジャイアンツ勝利」の文字が。しまった、こんなところに落とし穴が!ぬかりました(泣)
2年前:午後4時頃、同僚から受け取った職務メール。用件の最後に、追伸とあり、「スティーラーズ、勝って良かったですね」との文字が。あちゃー、やられた。彼は知っていたのですよ、わたしがSuper Bowl大好き、そしてスティーラーズの大ファンだってこと。彼に悪気はないから、責めるわけにもいかないし。
1年前:午後7時過ぎ、先輩と立ち寄ったカフェで、隣に座った某家電店の制服を着た彼が口走った「いやあ、セインツ強かったっすね」という一言。うーん、これは避けられなかった事故か。いや、先輩からの誘い、断るべきだったと思ったっものの後の祭り…。

 ::: ::: :::
 
 誰とも会わない、情報機器に接しない、と思っても、日常業務をこなしながらとなると、さすがに限界がありますし、人との接触を100%遮断することも不可能です。やってみればわかりますが、知りたくない情報を遮断することって、実はすごく難しい。普段は知りたい情報を探すのに、多くの時間と労力を費やしていると思うのですが、その逆も、結構難しい。ま、ツメが甘いだけじゃん、という話かもしれませんが(笑)
 
 あ、肝心のことを書き忘れましたが、今年は目標達成しましたよ、ちゃんと。長年のスティーラーズ・ファンのわたしとしては残念な結果でしたが、十分に楽しませてもらいました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する