オルタナティブ・ブログ > 『Internet & Mobile』 ア・ラ・カルト >

これまでのリサーチ経験をもとに、インターネット、モバイル分野のトレンドを独自の目線で切り込む!

最近増えている転職に一言 ~転職は良いこと?~

»

【転職が増えている・・・】

最近転職をしたいという方が増えているような感じがします。

 昨日のTVでも、第二新卒の転職が増えているとの特集がやって

おりました。2~3人程度の若者がクローズアップされており、転職活動を

開始してから、実際に次の会社の内定を決めるものまでの特集でした。

 ただ、この番組を見て、彼らは転職して本当に成功するのかという点に

疑問を持ちました。その理由は転職の『目標』というのが曖昧でした。

【転職に必要な事は・・・】

先日ばんちょ~さんのブログ、ボクらの生きざまSHOWの『転職する覚悟は

ありますか?』というエントリーを拝見して、非常に納得させられました。

>人が転職するとき、それは何かしら現在の会社に不満があるときです。
>現職で解決策を見付けることができるかもしれませんし、仕事内容が不満な
場合は、社内での配置転換という考え方もあるでしょう。
そして、会社がランクアップしたからといって、あなたもキャリアアップで
きるとは限らないのです。

ばんちょ~さんの意見はその通りだあると思います。

ちなみに自身の経験及び周りの方を見ていて、転職を決断するには主な

3つの理由が挙げられると思います。

1)今の仕事が嫌で、新しい職場で自分の活躍できる仕事がしたい。

2)職場環境が劣悪であり、それを変える為に転職がしたい。

3)もともと目標があり、そのステップアップとして転職をしていきたい。

 理由の如何に関わらず、『転職に関する目標』を持つことが重要になる

と思います。つまり、転職及び人生の計画を立てる事です。

 計画を立てるにあたって、『いつ』、『どのような職種で』、『どのような業務』を

最終的にしたいかということが重要になると思います。

したいか、そして一番重要なのは目標を達成させるためにどのような

スキルまた人脈を形成させることが必要なのか考えることであると思い

ます。

 そして転職をする事で、失うものは多いと思います。比較的大きい企業から

、中堅以下の企業に転職する場合は今以上の賃金、福利厚生は目指せない

場合が多いです。そして、次に移る職場が転職者にとって良い職場であると

は限らないと思います。

 上記事項を考えると、『仕事が嫌だ』というだけで、転職するのは非常に危険

ではないのかなと感じております。童話の『青い鳥』にあるように、実は業務

環境は社内で解決させる事ができると思います。例えば『配置転換』など・・・。

【自分の転職の経験】

自分が転職をした経験を申し上げると最終的に企業経営に携わる仕事がしたい、

マーケティングをしたいという事で転職をしました。自分はもともと個人営業業務

が主体であり、かつ会社の戦略の変更から今いる職場で目標を実現が難しい

と感じたことがあります。そして25歳で転職をしました。転職するにあたって

以下の3点を必ず実践するようにしました。

1)目標とするマーケティング、企業に携わる仕事に必ず就くこと、そのために

  どのような業界で必要なスキル・人脈を作るのかを明確にさせる。

2) 1)の目標を達成させるためには調査、企画・提言、企画・提言に対する

  社内リソースの活用、パートナーの発掘開拓など社内外の調整力が必要

  であると感じ、不本意ではあるものの、複数企業で着実に必要なスキルを

  達成させる。但し、転職する際には今居る職場である程度の実績を必ず

  残す。

3)最終的に働く企業は30才までに決める。

上記、3点を目標に25才から転職活動を始めました。転職して感じた事・・・。

それは今までの会社の給与・福利厚生、また組合などいかに守られて事です。

 また、全てが新しいことからのスタートからであること、即戦力の実績が求め

られるので、自分から積極的にやるべき事を見つけれ、仕事や案件を取りに

いく、最初の業務に就いた以上にやるべき事が多いと感じました。

 また転職は基本的に今いる職場より、給与、福利厚生環境は悪いので、より

大きな仕事がしたければ、実績・スキル・顧客・人脈を自分自身で築かなければ

ならない事。多分当初の『目標』がなければ、自分を見失っていたかもしれ

ません。自分に関しては最終的に特定分野におけるある程度の知識、情報交換

をする上で必要な知識、業務実績などを糧に、最近目標を達する事ができました。

喜びは大変大きなおおきなものです。

 もちろん目標達成のためには、大変な苦労をしました。いままでのキャリアを

投げ出し、自分で道を切り開かなければならないのだから、相当なプレッシャー

がかかります。そして、多くの会社では『社員を大切に』という言葉はないです。

おそらく挫折や不安も味わうことだと思います。それでも転職をしたら、もう

リセットすることはできません。ひたすら前に進むだけです。

【結論】

転職をする方は今大変多いです。新卒でも3分の1が大学卒業後に会社を辞めて

しまう時代です。

 転職に関しては否定する気はないです。むしろ、目標を達成させるためには

非常に有効なものであると思います。

 ただし、転職するに当たっては多くのものを失います。そして今までの流れに

逆行しますので、大変な苦労をすることであると思います。

 『揺るがない目標』を持ち、『苦労』を乗り越えられる自信があれば転職は

良いものだと思います。但し、今の『仕事がつらい、嫌』という理由であれば

転職は見直した方が良いと思います。どの仕事でもつらい、嫌な部分は必ず

あります。

 いま転職を考えている人はもう一度、転職したい理由と最終的にどうなりたいか、

そのために転職が必要なのかを考えたほうが良いと思います。

 

Comment(6)

コメント

転職業界は、今後興隆していく業界だと思います。
転職希望者に聞くと、もっともらしい理由をもっていますが、それが真実とは限りません。前向きな理由と後ろ向きな理由があります。多くの人は、後ろ向きの理由を隠して前向きの理由をコーティングしています。
転職エージェントもそのように指導しています。
しかし、この理由の転職では絶対に上手くいきません。今の自分と将来の自分の冷静に分析して、その結果転職が有効かどうかを判定しなければなりませんが、多くの方はその手順を省略しているとしか思えません。

田中さん、こんにちは。
私もその番組を見ました。
ワタシには、取り上げられていた青年達は“何が”“どのように”嫌で、それを転職することによって“どのようにしたいのか”が見えなかった。
器(会社)をかえても、中身(自分)が変わらなければ、同じことを繰り返すだけなのにね。
そんな想いをこめて、書いた記事があります。ご一読いただけましたら幸いですわ。

▼ 「退職理由は繰り返す」のはなぜ?
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/special/riyu/riyu01.html

転職は、一部の転職斡旋企業が煽っている感があるのですが、決して便乗せずに、自分は自分で立ち位置をはっきりさせる必要がありますね。
転職理由の前に、きっと退職理由があるのだと思いますし。
退職の大きな理由は、1.人間関係、2.お金(給与や賞与)、3.仕事内容のいずれかに不満があることが多いのだと思います。
人間関係で辞めたのに、次の職場も人間関係が複雑だと、また同じ理由で辞めることになる可能性が高いです。
面接では自分を繕うのかも知れませんが、職場に入ったら毎日繕い続けるわけにもいかないでしょうから、自分と向き合う時間を持つことが大切なのかも知れませんね。

とおりすがり

「転職万歳」は一部の転職斡旋業界があおってるフシはある。
「転職が今後増えていくか」なら増えていくだろう。今の日本企業の体質ではそれは不可避だ。

「転職は良いことか?」と聞かれれば、「良いかどうかはともかく、できるならやりたくない」と答えるだろう。やらずに済むならそれにこしたことはない。
「今後も転職するつもりがあるか?」なら、「その必要があれば何度でも」だ。やるべき事があるのに、それから逃げ続けることはできません。

田中 晃

>Kawakamiさん
コメントありがとうございます!
おっしゃるとおりですね。後ろ向きな考えを隠して前向きな見せ方を面接で見せても、結局は自分の本心に嘘をついており、結局は良い結果には結びつかないのかなと思います。
 転職する際は、『自分が何をやりたいか』そしてそれを行うためには何が必要かという事を理解し、計画を綿密に立て実行に移さないと、転職する企業にとっても、また本人にとっても不幸な結果になるような気がします。

>ばんちょ~さん
コメントありがとうございます!
そうですね!自分も番組を見ていてフォーカスされている転職者の転職理由があいまいで、現状から逃げているような気がしました。『逃げる』ということも大切ですが、次の職場でも恐らく後ろめたさを感じてしまうのではと感じてしまいしまいます。
 
>ookiさん

コメントありがとうございます!
転職理由としてookiさんが挙げた理由その通りかなと思います。1.人間関係、2.お金(給与や賞与)、3.仕事内容のいずれかに不満があることが多いのだと思います。

3については本人の本当にやりたいという想い、そして努力があれば何とかなると思いますが、1.の人間関係に問題があって、
転職する場合は、どの会社に行っても引きずってしまうらしいですね。しかも転職理由として一番多いのが人間関係らしいです。
ookiさんの言うとおり自分と向き合うこと、そして個人的には
自分自身を省みる必要があるのかもしれないですね。

>とおりすがりさん
はじめまして!コメントありがとうございます!!
原則『転職はしないほうが良い』という意見は賛成です。転職を
することで、様々失うものが多く、新たにスキルの積み上げを行う必要があると思います。そしてもちろん人間関係も同様の事が言えるのではと感じております。
 もし転職したい方がいらっしゃればこうしたデメリットも考える必要があるのかもしれないですね。
今後とも小生のブログのご高覧、宜しくお願いいたします!!

30歳までに決めるのは理想的ですね。私は手遅れ・・

コメントを投稿する