オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

30過ぎたオッサンが、『あたし彼女』を読んでみた。

»

はいはい、タイトルで引かない引かない。話題になっているものは、何はともあれ中を覗いてみないと。というわけで、第3回日本ケータイ小説大賞を受賞した、『あたし彼女』を読んでみました。

あたし彼女

できればURL(http://nkst.jp/vote2/novel.php?auther=20080001)をケータイに送信して、携帯電話の画面から読んでみて下さい。だいぶ雰囲気が変わることに気づくはずです。ケータイ小説は、当然ながら携帯電話から読まれることを意識して書かれているわけですから、こちらの方がより正しい評価を下せるでしょう。

***** 以下、ネタバレを含むのでご注意下さい *****

結論から言うと、個人的には評価されて良い作品だと感じました。確かに内容はセックス、妊娠、中絶、流産と、いわゆるケータイ小説的なエピソードに溢れていて、眉をしかめる方が多いでしょう。しかも物語の冒頭は、意図的に(と僕は感じたのですが)主人公が「はすっぱな女」として描かれ、あまり賛同できない言葉が続きます。ここだけを読んで生理的に受け入れられず、しかもケータイ小説特有のスタイル(一文が短く、改行が多い。場面描写は少なく、主人公の独白が続く)に驚き、「最初の2~3ページで読むのを止めた」という方も多いようです。

しかし主人公が倫理的に問題のある人物だからといって否定していては、ピカレスク小説などは成り立たないでしょう。前述のように、僕は主人公がはすっぱな女として描かれているのは狙いだと感じ、物語の中に出てくる「純愛的なもの」を引き立たせる演出のように思いました。まぁそうなると、「いろいろ悪いことしたけど、やっぱり愛だよね」というお決まりのパターンを繰り返しているに過ぎない、という批判が可能になるのですが。しかし物語の類型は限られた数しかないと言われますし、物語の流れに目新しさがないというのは、作品の評価をゼロにする要素にはならないのではと思います。

実際、冒頭で過激なことを言っていた主人公が見せる「意外な表情」は、非常に上手い形で挿入されます。人生に対して虚無的なことを言っているのに、彼氏が作ってくれる飲み物一杯に無邪気に感動したり。おそろいのブレスレッドが欲しいのに、それを素直に口に出せなかったり。いや、ツンデレが好きな方には、「萌える」要素が満載だと思いますよ(笑)。その辺りの心の動き(文章だけでなく、改行や空白の取り方なのどリズムも含めて)がリアリティを感じさせて、実在の女性が書いているメールを読んでいるような気分にさせられました。

もちろん、これが既存の文学を置き換えるものになるとは思いません。「小説」と名付けられていますが、先ほども「メールのよう」と形容した通り、ケータイをベースにした新しいコンテンツが生まれているのだと考えるべきでしょう。従って、「こんなの小説じゃない」「文章が稚拙だ」という批判は少しずれているのではないでしょうか。少なくとも作品全体に目を通し、これが生まれてきた背景を考えてみるぐらいの姿勢があっても良いと思います。

作者の kiki さんは、あとがきで以下のように書かれています:

書いていて
違う…こんな事書きたい訳じゃない
やっぱりこんなの面白くないなぁと
途中
削除のボタンを見つめた事もございました。

(中略)

読みやすいお話を書きたかった
分かりやすいお話を書きたかった
だけど
書いて気付いた
感情伝わってる?
はてしなく不安がつのりました。

少なくとも『あたし彼女』は、読者にメッセージを伝えようという意気込みに満ちた作品だと思います。僕はターゲットとなった読者層には含まれていない人物ですが、頭ごなしに否定してしまう気にはなりませんでした。

Comment(10)

コメント

ぷにえ

ケータイ小説
漢字で小説って入れてしまうから拒否反応が出るんだと思います。
ケータイショーセツ
とか
ケータイノベル
こうすれば、別物として拒否反応も薄まるんじゃないでしょうか。
そもそもケータイ小説って
携帯する小説なんだから文庫本のことなんですよね。言葉の意味としては。

yoshi

私も読みましたが、いい意味で裏切られました。
最初の数ページで諦めないでよかった(苦笑

私も書き出しの部分には作者の意図を感じましたが、あれはフィルタの役割もしてるのかなと感じました。
序盤で読むのをやめてしまう人は、この小説のターゲットではない、と。

cauldron

確かに小説ではないですね。
逆にこれを小説と呼んでは先達の作品にあまりに失礼ですし、
同時にこの作品も正当な評価は得られません。

まったく別の読み物として新しい名前が必要な気がします。
何かぴったりくるものがないですかねぇ。

うんこは肥料になるが食べものではない、みたいな話でしょうか。

suwa

現代の携帯を多用する若年層向けに分かりやすく見やすく、と意識されて
作られた事は評価できる範疇の作品だと思いますが。大賞を取るほどの内容かと思うと疑問…。

漫画化、映画化、ドラマ化しやすいと言う観点なのでしょうか。
秋元康やらTSUTAYAやら広告代理店目線の商売材料での合格点という事でしょう。

それにしてもストーリーはあまりにステレオタイプでB級以下。と感じてしまう30代オッサンの一人です。

ete

何かオッサンが置いてかれないように無理して褒めどころを探してるような‥
多分間違えて別のケータイ小説をこの作品と間違えてクリックしても同じ感想を書きそうですね。

無理して作品を描写した背景やプロットの理由など探さずに、「ちょー感動した」と喜ぶ人がいる、それだけでいいんじゃないかと思いますよ。

アキヒト

みなさま、コメントありがとうございます。

> ぷにえさん

仰る通り、「小説」と付いてしまったことが無用な非難を招いている面があると思います。よく引き合いに出されるライトノベルも、ライト「ノベル」として「小説」の名前は避けられているわけですし。些細なことのようですが、実は重要なポイントなのではないでしょうか。

> yoshi さん

なるほど、フィルタとして捉えられるかもしれませんね。しかしフィルタとしてターゲット以外の層を遠ざける以上に、これまた無用な非難を招いている気もしますが(笑)。いずれにしても、文体や言葉尻だけを捉えて批判するのはちょっと残念な気がします。

> cauldron さん

同じく、「別の読み物として新しい名前が必要」という点に賛成です。ライトノベルにこだわっている訳ではありませんが(笑)、せめて「ケータイノベル」とかね。

> udon さん

うーん、ちょっと違うかと(笑)。座布団はあげられませんねー

> suwa さん

ストーリーがありきたり、という点に同意です。ただそのありきたりな題材を(様々な意味で)上手くアレンジしているという点で、審査員の目に留まったのかな、と想像しています。ただ、「広告代理店目線の商売材料での合格点」ということであったとすると、今後の取り扱い次第で逆効果になるのではと心配しています。この手の新しい動きというのは「企業に利用されている」というイメージを持たれた瞬間に、鮮度が落ちてしまうものですからね。

> ete

ええ、オッサンが無理に若作りしてみました(笑)今後の娘の成長に備えて、「若いお父さん」を演じるのが目標です。
というのは冗談として、実際に全体に目を通して「悪くないのでは?」と感じたのは事実です。決して無理に誉めようとしたのではない、ということだけご理解いただければと。ただ仰る通り、

> 「ちょー感動した」と喜ぶ人がいる、それだけでいいんじゃないかと思いますよ。

という点に全面的に賛成です。

WindKnight

呼んでみました、で、遅ればせながら、ひとこと。
媒体も小説の一要素になり得るというのを実感しました。こういう"リアル"もあるんですねぇ。

うーーーん^^;

なぜ30を過ぎると‘おっさん’なのですか??
自分の事を‘おっさん’と定義してしまうのはなぜですか???
不思議です。

アキヒト

うーーーん^^;さん、仰る通りですね…
病は気から、じゃなくて老いは気から、にならないよう「オッサン自己認定」は止めようと思います。

コメントを投稿する