オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

「真面目な人」への職場いじめほど見つけにくい?

»

相変わらず学校での「いじめ」が問題になっていますが、職場いじめも同様に問題となっています。ITmedia でも、過去にこんな記事がありました:

ストレスと上手に付き合うための心の健康:第19回 職場でいじめない、いじめられないために (ITmedia Biz.ID)

記事の中で厚生労働省の調査が紹介されていますが、総合労働相談コーナーに寄せられた相談の中で、民事上の個別労働紛争に関するものは17万6429件。そのうち8.9%が「いじめ・嫌がらせ」に関する相談だったとのことで、割合は低いものの第4位の内容となっています。しかも17.6万件の約9%といったら、約1.6万件ですよね。これだけでも相当な数と言えるでしょう。

実は昨日、こんな調査結果が出ているのを見つけました:

Workplace Woe: Are Abusive Bosses Or Inferior Employees To Blame? (ScienceDaily)

職場でのいじめを報告した人々に、どんな傾向が見られるのか調査した結果について。フロリダ州立大学の調査ですが、気になる結果が出ています:

  • いじめを報告した人の30%が仕事を遅らせたり、わざとミスを犯したりしていたが、報告しなかった人の中で同じ行動をしていたのは6%に過ぎなかった。
  • 同様に、仮病で休んだ人の割合は報告した人で29%、報告しなかった人で4%だった。
  • 同様に、休憩時間を決められているより長く・多く取っていた人の割合は報告した人で25%、報告しなかった人で7%だった。
  • 問題を積極的に解決しようという姿勢を持っていた人の割合は、いじめを報告しなかった人の方が報告した人よりも3倍大きかった。

ということで、報告する人は何らかのサボタージュ行動を取っていたとのこと。「いつサボっていたか」というデータがないので、「そんな態度だからいじめられるのだ」と因果関係を逆転して考えることもできますが、いずれにしても真面目に仕事する人ほどいじめに合っても報告をしていないという傾向が出ています。

もちろんどんな人に対するいじめでも、許されるものではありません。ただ会社にしてみれば、真面目で仕事に取り組む人ほど助けたいという心境でしょう。ところがこの調査結果では、自己申告制度では真面目な人々に対するいじめを防げない、ということになります。さらに「今までキチンと勤務していたのに、急にサボるようになった」というような行動の変化でいじめを察知するのも不可能、ということですから、もっと違った形での発見・防止策が必要というわけですね。

「大人なんだから、誰かに相談するなり、自分で対処できるはずだ」――職場いじめに対しては、このような姿勢が少なからずあると思います。しかし大人だって、いじめという犯罪に対抗するのは非常に困難です。企業はより真剣にこの問題に取り組む必要があるのではないでしょうか。

Comment(6)

コメント

意味が取れなかった人

原文をあたらずのコメントですみません。この調査の母集団はいじめを受けている人でしょうか。

「いじめを報告する人としない人で勤怠状況に数値的な差がある」のは分かります。サボタージュの無い真面目な人が報告しないというのもわかります。ですが、「いじめにあっても」と付けたときに、成り立つかどうかは冒頭にある母集団次第ではないでしょうか。

母集団をいじめの有無にかかわらないとしたとき、(このアンケートを素直に読むなら)いざ自分がいじめにあったときにサボタージュする集団へ移行する可能性が3割あるとも考えられると思います。

7割は水面下に沈んでしまうので、気をつけようという主旨ならばそのとおりですが、どうもそのような記述とも思えなかったのでコメントしてみました。

アキヒト

意味が取れなかった人さん、コメントありがとうございます。
舌足らずになってしまって申し訳ありません。原文では「上司による虐待(supervisor abuse)を受けた場合、従業員はそれにどのように対応しようとするのか?」という問題提起があった後、「日々の虐待を報告した人(those who reported daily abuse)」と「報告しなかった人(those who did not)」の2つのグループを比較した、と説明されていたため、母集団はいじめを受けた経験のある人々と解釈しました。
しかし意味が取れなかった人さんの仰るように、「報告しなかった人」という表現の中には「(いじめを受けたけど)報告しなかった人」だけでなく「(そもそもいじめを受けた経験がないので)報告しなかった人」が含まれるかもしれませんね。残念ながら、フロリダ州立大学のサイトにあった元のリリースを読んでも、母集団についての詳しい解説はありませんでした。申し訳ありませんが、元論文が確認でき次第改めてコメントさせて下さい。

もしかして、上司は同じ行動をとっているのだけど、それを「いじめ」と受け取る人と受け取らない人がいるのかもしれませんね。
サボタージュ癖のある人は、モノゴトがうまくいかないときに他人(外部)のせいにする傾向があるからなぁ。

アキヒト

ばんちょ~さん、コメントありがとうございます。
> サボタージュ癖のある人は、モノゴトがうまくいかないときに他人(外部)のせいにする傾向があるからなぁ。
そうなんですよね。この調査結果は「サボる人ほどよく吠える」と読み取ることができるかもしれません。何を「いじめ」と感じるかは、人によってそれぞれですから(ex. 相手が嫌だと感じればハラスメント)客観的な基準を作ることはできませんが、真面目じゃない人ほどささいなことで「いじめだ!」となるのかもしれません(だからといって放っておいていいわけでもないですが……)。

意味が取れなかった人

パワーハラスメントという言葉は和製だそうですが、英語で相当する用語はsupervisor abuseというんですね。本件、あまり追いかけ続けるようなネタでもないかもしれませんが(ネガティブ方面なので関連文書を見ているだけで気持ちが沈んできそうですし)、データを見るときは前提条件が重要ですね、やっぱり。

アキヒト

意味が取れなかった人さん、コメントありがとうございます。
仰る通り、あまり気分の良いものではありませんが、実は「職場いじめ」というのは個人的に気になっているトピックなので、ここで取り上げさせていただきました。
> データを見るときは前提条件が重要ですね、やっぱり。
こちらも仰る通りです。分かり辛い部分を出来る限り排除するよう、注意したいと思います。

コメントを投稿する