オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

スクラッパー!

»

これは夏目先生に語っていただくべきネタかもしれませんが。いやもう、昨日のニュースで最も重要なのはコレでしょう。間違いなく。

人気漫画「ジョジョ」の荒木さん 米生物学誌の表紙描く (asahi.com)

画像が一番大きいのはココかな:

人気漫画、米科学誌表紙に (goo ニュース)

生物学の米専門誌『セル』(Cell)の表紙を、『ジョジョの奇妙な冒険』などで知られる漫画家、荒木飛呂彦さんが描いたというニュース。脳内で神経伝達物質の量を調整しているタンパク質「スクラッパー(壊し屋)」の様子を、擬人化して伝える絵になっています。写真を見ていただければ分かると思いますが(っていうか「ジョジョ」第3部以降を読んでいないと全く分かりませんが)、これはもう「スタンド」そのものではないですか!日本の専門誌ならまだしも、海外で大丈夫なのでしょうか?あ、逆に日本国内の方があり得ないか……。

ちなみに Cell のオフィシャルサイトに掲載されていた解説文はこちら:

On the cover, the purple SCRAPPER humanoid is putting blue heart-shaped ubiquitins on the red RIM creatures. Japanese manga artist Hirohiko Araki created the cover image with scientific direction from Drs. Setou and Ageta.

表紙では、紫のスクラッパー・ヒューマノイドが、青いハート型のユビキチンを赤いRIMに叩きつけている。日本の漫画家、Hirohiko Araki が Setou 博士と Ageta 博士監修により作成した。

えーと、この赤い円盤形クリーチャーが「RIM」というタンパク質で、ハート型の目印というのがユビキチンという物質なわけですね。で、目印を付けられたRIMは破壊されると。分かったような分からないような……なのでせっかくですから、これで一本マンガ描いて下さい、荒木先生。いや、冗談抜きで脳を解説する作品(もちろん科学的根拠に基づくもの)を描いたら、昨今の「脳ブーム」に乗ってヒットすると思うのですが。

Comment(2)

コメント

どうやら近接パワー型のスタンドのようですね。ひょっとするとユビキチンをつけられた対象を自動追尾で攻撃するタイプで、直接命令できないのかもしれません。
きっとRIMにバッシィィィィインとユビキチンを貼り付けて「やれやれ。ようやく捕まえたぜ」とつぶやいたところでオラオラオラオラオラオラオラオラとなるのでしょう。
あれ?そういえば小林さんからは拙ブログのパトレイバーネタにコメントをいただいたことがあったような(笑)

アキヒト

yohei さん、コメントありがとうございます。
いやまさしく、近接パワー型のスタンドで間違いないでしょう。僕なんか画面に「ゴゴゴゴゴゴ」っていう擬音まで書き込まれているように見えていますよ。
っていうか、ITmediaだからあァァッ!「自重」してたのにィィッ!台無しだーッ!

コメントを投稿する