オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

そこでラジオ体操2.0、ですよ

»

8月も2週目に入り、お仕事されている方もそろそろ夏休みを取られる頃ではないでしょうか。夏休みと言えば、朝のラジオ体操。ということで、多少こじつけっぽい話ですが、まずはこんなニュースから:

夏休み朝の風景に異変? 子供減ったラジオ体操 安全面でためらう親も (北海道新聞)

北海道のニュースですが、「朝のラジオ体操」が減少の一途をたどっているという話。理由は少子化と、会場への行き帰りでの安全に対する懸念から、参加者が集まらないため。「子供が集まらないのは全国的な問題」というコメントがあるので、北海道に限った話ではないのでしょう。

確かに参加者が2、3人では集まる意味も少ないですし、だからといって広範囲から子供達を集めるようにしては、長距離を移動させることになり安全面での問題が増します。これはもう、ラジオ体操は廃れるままにしておくしかないのでしょうか……いや、そこでラジオ体操2.0の登場です!

発想は簡単。体操はどこかに集まって行うのではなく、自宅で行います。体操したら、専用サイトにアクセスし、今日の日付にチェックを付けるだけでOK。その際、コメントや体温などのデータを保存できるようにしても良いでしょう。さらに体操している姿を録画してアップする、なんてのも可能にしておきます。で、サイトでは自分のデータが管理できるだけでなく、全国にいる子供達のデータが閲覧できるようになっていると。要は「ダイエットSNS」のような発想です。

ダイエットSNSで効果が証明されているように、オンライン上で記録を公開するだけでも、人は「がんばって続けなきゃ!」という気持ちになるもの。こんなサイトがあれば、たとえ特別な会場に集まらなくても、子供達はラジオ体操を続けてくれる……のではないでしょうか?さらに小さな地域の子供達だけでなく、全国の子供達とコミュニケーションできるという楽しみもあります。先生達にとっても、夏休み中の子供に何か異変が起きていないかどうか、チェックができる1つのツールとなるでしょう。

とそんな妄想をしてみたのですが、「ラジオ体操2.0」はともかくとして、教育現場でも様々なウェブ技術の利用が可能ではないでしょうか。以前オルタナブロガーの林雅之さんが「SNSを学校教育に活用する」というエントリを書かれていましたが、「教育」だけでなく子供達の生活面でも応用できるかもしれませんね。

Comment(4)

コメント

うちの地区では、何年か前から夏休みの最初と最後の一週間だけ行われるようになりました。自分が子供の頃はお盆以外の夏休みを通してずっとやっていたのですが。

おそらく、いつなのかはわかりませんが、めんどくさいと思った一部の子供会役員、あるいは保護者の意向が働いたのではないかな、と推測しています。

それとラジオ体操の場所確保にも苦労しているようです。狭いところでやっている子供を見ると可哀相になります。

子供、というより大人の都合の方が大きいのではないかと思った次第。

ごめんなさい、ITと関係ない話で。
無理矢理くっつけると…
>ラジオ体操2.0
今の子供ならDSとかケータイを使ったツールの方がいいかも知れませんね。「Wiiでラジオ体操」というのもアリかも。

ひとぴんさん、コメントありがとうございます。
そう、確か僕が子供の頃も、休むのはお盆ぐらいでずっとラジオ体操があったように記憶しています。場所も近所の広い公園で、のびのび体操できました(早起きするのは辛かったですが)。時代ですね……。
> 今の子供ならDSとかケータイを使ったツールの方がいいかも知れませんね。「Wiiでラジオ体操」というのもアリかも。
おお、仰る通りです!「Wiiでラジオ体操」なんて、いま存在していてもおかしくないタイトルではないですか!意外に「Wii+学校教育/地域活動」なんてアリなのかも。

小林さん
TBどうもありがとうございます。
子どもたちはいろんな力があると思いますので、生活面や教育面でいろいろなツールを提供してあげると、子どもたちにとってもメリットが高くて大人にとってもいろんな発見があるのではないかと思います。

ひとぴんさんの「Wiiでラジオ体操」や小林さんの「Wii+学校教育/地域活動」はおもしろいアプローチだと思います。是非NINTENDOさんには社会貢献的なところにも対応してほしいなあと思います。

話は変わりますが、AMNブログイベントでお話をさせていただいた件ですが、7月中旬よりPJのメンバーにはいっているようです。よろしくお願いします。

林さん
コメントありがとうございます(別件の話も了解いたしました!)。
> 子どもたちはいろんな力があると思いますので、生活面や教育面でいろいろなツールを提供してあげると、子どもたちにとってもメリットが高くて大人にとってもいろんな発見があるのではないかと思います。
仰る通りだと思います。以前読んだ本の中に、子供たちに携帯電話を自由に使ってもらうという実験(?)が出てきたのですが、そこで出た発想のユニークさに驚かされました。ユニークなだけでなく、実際に有益だと思われるアイデアもあり、大人のアイデアの貧弱さを思い知らされた次第です。
> 是非NINTENDOさんには社会貢献的なところにも対応してほしいなあと思います。
NINTENDOさんは従来の「ゲーム」という概念を超えたゲームを手がけていらっしゃいますから、こんなソフトが登場する可能性もあるのかな、と期待しています。

コメントを投稿する