オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

知識の呪い

»

知識はあればあるほど良い、と言えるでしょうか?お金でさえ、過剰にあると思わぬ害をもたらします(宝くじで数億円を手にした人々が、その後破滅的な人生を歩んだなどという海外ニュースがたまにありますよね)。何にでも副作用があるとすれば、知識の副作用とは何か?という話が、最新号のハーバード・ビジネス・レビューに掲載されています:

■ 知識の呪い (ハーバード・ビジネス・レビュー 2007年4月号

知識を身につけてしまうと、それが「当たり前」のこととなってしまい、同じ知識を共有していない人々の気持ちが分からなくなる -- 結果として、その知識を他人に伝えることが難しくなるというのが「知識の呪い」。BRAIN FOOD 欄の記事なので、興味のある方はさっと読んでみて欲しいのですが、実は先日からご紹介している本"Made to Stick"の内容を抜粋したものです。ただ実験結果を見るまでもなく、「勉強のできる人は教えるのがヘタ」などのように、経験的に肯ける話かもしれませんね。

先日、あるWEBサービスを見ていて、自分もこの「知識の呪い」にとらわれていることを認識させられました:

myTimeHero - Are you a TimeHero?

Mashable 経由で知ったサイトなのですが、簡単に言ってしまえば「中高年向けSNS」。同じコンセプトのサービスは既に存在していますが、全てのページに文字の拡大・縮小ボタンが付いているなど、単に言葉だけで「中高年向け」を標榜しているSNSではありません。最も関心したのは、「こんなところまで?」と思うような細かい解説が用意されている点。例えばCAPTCHAには「この作業は未承諾のスパムメールを防ぐために必要です」という一文が添えられているなど、シンプルなデザインのWEBサイトを見慣れた身からすると「ちょっと過剰じゃない?」と感じるぐらいテキストで溢れています。

そう感じた時に、これはまさに「知識の呪い」だと気づきました。僕が同じサイトをスタートさせていたとしたら、多くの説明をはしょっていたことでしょう。知識がなければ、良いサービスは作れない -- しかし知識があっても、良いサービスを利用してもらえるとは限らない。しかも運営者たちは「なぜこんな良いサービスを誰も使おうとしないんだ?」と理解できずに終わってしまう、それが「知識の呪い」の怖さだと思います。

残念ながら、「知識の呪い」はいたるところで現れるものだと"Made to Stick"は警告しています。無意識のうちに、相手も同じ知識を持っているのだと思い込んでしまっていることがないかどうか、常に注意していなければいけませんね。そういえばうちの奥さんから「あなたの話は分かりにくい」とよく言われてしまうのは、この呪いが元凶なのかも……。

Comment(2)

コメント

さき

大変興味深く拝読しました。ただ、最後の一文に少し引っかかったので、失礼を承知で申し上げます。
逆に小林様が、奥様の話をわかりにくいと思うことはないのでしょうか?人はそれぞれ異なる知識をもとに独自の世界を築いていますので、小林様にも奥様の話をそう感じる機会があってもおかしくないはずです。
そして、奥様との会話の中にそのような体験が少ないと感じられる場合、それは次の二つの可能性のどちらかを意味するのではないでしょうか。
(1)奥様はご自分が知識を持っている事柄について、相手に「わからない」と感じさせずにお話をすることに長けておられる。(=知識の呪いを克服しておられる)
(2)会話の主題の主導権を小林様が握っているので、小林様の方が「知識のない」状況で奥様とお話をすることが少ない。

ごく個人的な体験として、(1)のような女性は多いと思います。実際、そうならざるを得ないのです。女性の多くは、料理や家庭といったごく「女性的」とされる領域の主題を除き、「自分の知っている専門知識を得々と喋る」ことを日常生活の中であまり推奨されずに育ちます。また、主婦、パート、フリーター、正社員、等々全く異なる境遇にある知人、友人との人間関係を維持していくことを要求される機会も多いので(例えば幼稚園のお迎えで知り合ったお母さん仲間などを想像してください)、相手が何を理解できるか、できないか、言葉を選びながら話す傾向があります。例えば私も、メールで連絡を取るにしても、相手がパソコンを使う人か、そうでないかによって文章の量を変えたり、使う用語を変えたりと気を遣います。相手もそうしてくれていると思います。

以上、男性の専門職の方が奥様を語られるとき、「妻=一般人」「自分=知的・専門職」の構図で語られるのに少し食傷気味であったため、ついつっこんでしまいました。

今後とも刺激的で興味深い記事を楽しみにしております。

アキヒト

さきさん、コメントありがとうございます。
妻の話を「分かりにくい」と感じたことは少ないですね。もちろん全然違う世界の話の場合は、一度聞いただけでは理解できないことがありますが、それは「話が分かりにくい」というより「初めて聞く話をしている」という感じかなぁと思います。妻が意識して分かりやすく話してくれているのかどうかは分かりませんが……。
> 以上、男性の専門職の方が奥様を語られるとき、「妻=一般人」「自分=知的・専門職」の構図で語られるのに少し食傷気味であったため、ついつっこんでしまいました。
もしそうした印象を与えてしまったようであれば申し訳ありません。それは僕の意図とは異なります。実際、詳しくは述べませんが、妻も様々な専門的スキルを持っていますので、「自分=知的」「妻=一般人」とはこれっぽっちも思っていない、ということを明らかにしておきたいと思います。もちろん「スキルや専門的知識がなければバカだ」という思いもありません。

コメントを投稿する