オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

ノスタルジーの道具としての地図

»

地図は言うまでもなく、道や地形を調べるための道具ですが、ノスタルジーを味わうためにも使えるようです。今朝の日経産業新聞にこんな記事がありました:

■ 新名称に慣れない人でもOK 旧市町村名や境界掲載 -- 北海道地図、ロードマップ(日経産業新聞 2006年7月28日 第17面)

ちなみに北海道新聞のサイトに、同じニュースが掲載されていました:

北海道地図 「平成の合併」版 ロードマップ作製 旧市町村名や境界表示(北海道新聞)

地図製造の北海道地図株式会社が発表した、「グッドナビ北海道ロードマップ」という地図について。いわゆる「平成の大合併」により、道内では212あった市町村が180まで減ったそうですが、この地図には合併前の市町村名や境界線まで掲載してあるそうです。

「新しい市町村名に慣れないユーザーを想定している」とのことですから、合併前の地名・境界を併記したのは「道や地形を調べる」という地図本来の目的を満たすための対応だと言えます。しかし日経産業新聞の記事によれば、併記には次のような理由もあったとのこと:

地名や境界が変わった故郷を「せめて地図上だけでも振り返りたい、と思う人もいるはず」(出版事業部)と考え併記することにした。

北海道新聞の記事でも「思い出のマチが色あせないように」をコンセプトに「生まれ故郷の歴史や文化を新しい町が引き継ぐという気持ちを込めた」と説明しているとの解説がありますし、この地図のもう1つの目的が「ノスタルジーに浸ること」であるのは確かなようです。

考えてみれば、地図は情報のインデックスとして非常に有効な存在です。Google Maps など地図系サービスとのマッシュアップが盛んに行われているのも、「地図に情報をプロットする」ことの便利さ・面白さを多くの人々が実感しているからでしょう。今回の地図のように、「地図+思い出」という発想で商品開発してみても、面白いものがいろいろと考えられそうですね。

またこういった「複数のバージョンを管理する」という仕組みは、IT技術が得意とするところではないでしょうか。地図系アプリケーションでは、縮尺をバーで表示する(クリックもしくはドラッグすることで拡大・縮小が行われる)ものが多いですが、同じように時間の推移もバーで管理できたら便利かもしれません。例えばスライドバーを「過去」の方向にずらしていくと、どんどん地図が古くなっていき、最後には江戸時代ぐらいの古地図が表示される・・・なんてサービスがあったら面白いかも(学習系のソフトで既に実現しているところがありそうですね)。

Comment(4)

コメント

アキヒト

himat さん、情報ありがとうございます!
週末に書店に行ったのですが、「東京都内の地形を探る」的な本もいろいろありますね。僕は東京の三鷹市に住んでいるのですが、三鷹・吉祥寺近辺の過去の風景を集めた写真集、などもいろいろ出ていました。こうしたデータ+写真を一挙に集めて、ネット上の地図から閲覧できるサービスがあったら面白いかもしれません。ちょっとビジネスには結びつきそうもないので、博物館などが主導で作ってくれたりすると良いのですが。

ぴぴ

古い地図(特に地形図)は、単に趣味の世界だけではなく、実のところ、一部では非常に実益的な需要があります。例を挙げれば不動産業界かな。地歴を調べるってやつです。私も非常に近い仕事をしていて、国土地理院から旧版の謄本をせっせと取り寄せています。今のところ紙媒体だけなのが辛いところ。自分でスキャンして、安価なGISソフトに載せて、今の地形と見比べながらさまざまな情報を読んでいます。
しかし、田舎のほうになると、あんまり古い地形図は図幅の本の一部しかなかったり(届いた謄本の9割ほどが真っ白なのには絶句しました。もちろん同じ料金)、逆に都会では、「地形図」が刊行された当初から都市化が進んでいて、こちらが調べたい「自然地形」がほとんど読み取れなかったり、いろいろ苦労はあります。

アキヒト

ぴぴさん、コメントありがとうございます。なるほど、昔の地図を買う目的って懐古趣味(もしくは研究)だけかと思っていたのですが、実利に結びついた目的もあるのですね。勉強になります。
そうすると、意外に古い地図をWEB上から確認したいというニーズはあるのかもしれませんね。もうちょっとしたら、ぴぴさんのお仕事を楽にするサービスなんて現れているかもしれません。

コメントを投稿する