オルタナティブ・ブログ > ITと広告に関するエトセトラ >

企業の広告担当15年の現場から儲かる広告とITについて本音を漏らしながら紐解いていきます。

1年ほどLead Generationに没頭して

»


本当に久しぶりの更新です。
これからも無理せずぼちぼちと書いていければ。


少し、広告の効果測定について書きたいと思います。


「効果」を何で見るか、これは非常に大事です。

売上、到達率、CVR、CPC、CPA、、、世の中にはいろんなメトリクス(指標)がありますね。
Online Marketingの発達で、そうした数値を計測できるようになってきました。(最近はView Through Conversionなんかも!)


でも、「数値化する」=「抽象化する」という点を忘れないようにしないといけません。


「一つのモノサシで測る」といいかえてもいいでしょう。


このモノサシが唯一の正しい指標ならむしろ正しいのですが、ビジネスはそれほど簡単なものではありません。

B2Bで言えば、「そもそも指標の母集団は本来のターゲットなのか」という指標の前提条件や、「購買プロセスにおける段階的な意識の変化を起こしたのか」の様な、定量化が難しい評価軸も確かに存在します。


指標化が困難なため、最適化はできないにせよ、マーケターとしては心の片隅に置いておきたい「軸」です。


個人的な経験で恐縮ですが、これまで、数字は必ず暴走してきました。


別の指標ができるまで、年を追うごとに高く設定される数字の達成だけが目標となってしまい、「最適化」の名の元に、その数字の達成のために本来必要な準備活動に力を注げなくなってしまうからです。

「過去」を計測するために最適化された指標は「未来」を示せないことが往々にしてあります。


とくにIT業界は、過去の延長が未来を示さない、ダイナミズムに溢れた市場ゆえに、特にその傾向が強いのではないでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する