海外ソーシャルメディア事例を徹底的に調査し,マーケティング活用の秘訣を提案するブログ

プレゼンテーションZenに学ぶ 「プレゼンはシンプルで行こう」

»

先週のエントリー 「世界の知恵をビジネスに ~ 五つ星プレゼン・スライド Vol.2」 にて,プレゼンテーションZenのスライドを紹介したところ,約6割の方から参考になったと回答いただいた。(以下,再掲)

そこで今日は,この不朽の名作,2008年Amazon.comビジネス部門第3位に輝いたガー・レイノルズ氏の「プレゼンテーションZen」の書評をかねて,スライドデザインのエッセンスを画像で理解できるよう編集してみた。

ちなみに著者であるガー・レイノルズ氏はなんと大阪在住だ。関西外大で経営学の助教授を勤めるほか,ライター,デザイナー,さらにミュージシャンとしても活躍し,アップル本社でのマネージャー経験もある。

Osaka_front

(出所: GARRREYNOLDS.com

 
まず,この書籍の最初に書かれている一文がとても印象的だ。

単純であることは究極の洗練である。 レオナルド・ダ・ヴィンチ

この言葉,そしてZen(=禅)の比喩が示すとおり,著者が一貫して説いているのはシンプルさの重要性だ。そして氏がプレゼンテーションを通じて最も大切にしているのは 「抑制」 「シンプル」 「自然さ」 である。

準備にあたっては「抑制」を心がけ,デザインは「シンプル」に,実施においては「自然さ」を心がける。

なお,具体的なデザインと講演のエッセンスについては,氏のホームページに日本語でわかりやすく記載されているのでそちらを閲覧いただくのが良いだろう。

スライドデザイン 10のヒント
講演実施 10のヒント

書籍の中で紹介されているサンプルスライドのうち,いくつかはSlideshareにアップロードされている。どれも一流の味わいを感じる名作スライドだ。





このスライドを見ておわかりの通り,最適な写真をいかに調達するかが極めて大切な要素となっている。著者はiStockPhotoを利用されているようだが,その他のフリーサイトも紹介されているので記しておきたい。

■ レイノルズ氏のイチオシ
iStockPhoto

■ 低価格で写真を入手できるサイト
Dream Time
Fotolia
Japanese Streets
Shutter Stock

■ フリー写真を提供しているサイト
Morgue File
Flickr Creative Commons Pool
Image After
Stock.xchng
Everystockphoto search engine


レイノルズ氏の主張が最もわかりやすいのは,氏のプログでも話題になったビル・ゲイツ氏とスティーブ・ジョブス氏の対比だろう。イメージを見れば一目瞭然,ゲイツ氏のリッチ志向に対してジョブス氏のシンプル志向がはっきり見て取れる。そして世界最高のプレゼンテーターと言われているジョブス氏の美しさが際立つ構図となっている。(以下,レイノルズ氏のブログよりイメージを引用)

Bill's slides
Below are most of the slides Bill used in his CEO Summit presentation.

Picture_1_3 Picture_2_3 Picture_3_2
Picture_4 Picture_5 Picture_6
Picture_7 Picture_8 Picture_12_3 
Picture_10 Picture_11 Picture15

Steve's slides
Below are just a few (Steve uses far more slides) of the slides Steve used in his August Special Event keynote on the Apple campus (watch video).

Picture_16 Picture_15 Picture_2_4 
Picture_23 Picture_26 Picture_27
Picture_17 Picture_18 Picture_19_2 
Picture_6_2 Picture_9_3 Picture_12_2

またチャートだけではない講演時の立ち姿そのものに両者の違いは歴然とあらわれている。

Bill1

Bill2

Jobs1_2

Jobs2

 
これらを見ていると,マイクロソフトとアップルが創りだしてきた製品や,さらには企業としての戦略にも明らかに通ずるものが感じられ,実に興味深い。おそらく傑出した両創業者の考え方,生き方に根づいているものなのだろう。

なお,レイノルズ氏のブログでの元記事はこちら
Presentation Zen: Learning from Bill Gates & Steve Jobs
Presentation Zen: Gates, Jobs, & the Zen aesthetic



このエントリーではとても紹介しきれない,深い視点でプレゼンテーションの真髄をとく「プレゼンテーションZen」,まだ手にされていない方にはお奨めです。すでに14ヶ国で翻訳され,プレゼンテーションのバイブルとなりつつあるようです。

 

この記事をtwitterでつぶやく ⇒ この記事をつぶやく   このブログを購読する ⇒ このブログを購読する


【書評記事】

ソーシャルメディア・マーケティング (2/15)      
ビジネスパーソン必読の名著「フリー」に学ぶ無料からお金を生み出す具体的な戦略とは? (11/23)    
米国,英国,中国,ブラジル事例に学ぶ無料音楽ダウンロードから収益を生むマジックの数々 (11/24)   
米国ザッポス「顧客にWOW!をお届けする」奇跡の経営,その本質を探る (12/5) 


【ソーシャルメディア成功事例】

Facebook企業活用における貴重な効果測定事例 - ファン醸成が店舗売上に直結した! (2/20)      
レディ・ガガに学ぶソーシャルメディア活用最前線 (2/5)      
米国Hondaやサントリー角ハイボールに学ぶ,ソーシャルメディア活用の秘訣 (1/5)      
ペプシ,スーパーボールCM撤退の背景とソーシャルメディア・キャンペーンの全貌 (1/5)      
コカコーラが挑む世界最大級ソーシャルメディア・キャンペーン。その全貌と狙いを探る (11/20)    

【Facebookおよび国内SNS関連記事】
直近決算発表に基づくmixi,GREE,モバゲーの業績比較 ~ オープン化による影響は?(2/10) 
Facebook ビジネスモデルを徹底分析 ~ mixi,モバゲー,GREEと比較 (1/31) 
Twitter Connectが登場する前に,Facebook Connectの概要をまとめておこう (1/19) 
GREEオープン化とは? コネクト技術詳細とmixi/モバゲー/Facebookとの比較 (1/13) 

 

【ブックマーク・トップ3記事】
1位
Google Readerであらゆるページを購読可能に ~ 自動RSSフィード生成機能 (1/26) 
2位
個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃 (12/30)  3位 mixi,モバゲー,iPhone 徹底比較 「どのアプリが一番儲かるか?」 (12/1) 

 

斉藤Twitter。ご連絡などお気軽にどうぞ。 http://twitter.com/toru_saito
ループス社Twitterアカウントはこちらです。 http://twitter.com/LooopsCom
最新の筆者著書です。 『Twitterマーケティング 消費者との絆が深まるつぶやきのルール』

Comment(2)

コメント

コメントを投稿する