オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

AI活用時代にPythonで見る夢 > 第13回 データサイエンスについて考える

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「AI活用時代にPythonで見る夢 > 第13回 データサイエンスについて考える」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

はじめに

言葉は本来、それを使っている人々の間で共通の認識があると考えるのが普通でしょう。しかし、その意味が曖昧なまま使われている言葉も多くあります。最近では、「人工知能」が良い例でしょう。単純な線形回帰を使った機械学習からドラえもんのような夢のロボットまで、人工知能という単語で括られている例をみると、もうすこし言葉の定義に真剣になってもよいのではと思ってしまいます。 人工知能ほどではありませんが、「データサイエンス」という言葉も、その定義がまだ人々の間の共通認識になっていないように思えます。これは、データサイエンスが比較的新しい分野であるということにも原因がありそうです。そこで今回は、データサイエンスとは何か、またデータサイエンスのために本当に必要なスキルとはどのようなものか、について考えていこうと思います。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/python/columns/tsuji/tsuji13.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する