オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

CTCスーパーエンジニアの独り言 > 第95回 白いレガッタ

»

CTC教育サービスでコラム「スーパーエンジニアの独り言」第95回「白いレガッタ」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

--

###

気が付いたら、ひとりぼっち。
見捨てられて、ひとりぼっち。
取り残されて、ひとりぼっち。
迷子になって、ひとりぼっち。
災難に遭って、ひとりぼっち。
大海の孤島で、ひとりぼっち。
来る日も、誰も来ない。
来る日も、誰も来ない。
ここには、誰もいない。
ここには、誰もいない。
ここには、何もない。
ここに留まる、理由がない。
ここに居て、誰にも必要とされない。
こんな孤独に耐えられる奴なんていない。
誰か助けてくれ。

孤独に打ちひしがれて、絶望の淵に沈んでしまう。
その前に、助けてくれ。

「ソー・ロンリー」:

ロックに目覚めた高校生の頃、同級生で「ナック」"The Knack" が大好きな平田君から借りた LP レコードが「白いレガッタ」"Reggatta de Blanc" でした。
借りたLPレコードをカセットテープに録音して愛聴していました。
情報源が雑誌くらいしか無くて情報量が少ない時代(一九八〇年頃)ですので雑誌記事などの文字情報は勿論の事、「レコードジャケット」はとても大事でした。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/super/super95.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する