オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Web担当者の方へ、「業者が開発したWebをまぁこんなもんなのかな」とは思わないでください。無料のツールやネットで検索して、本当に良いWebになったのかを確認してください。

»

私のコラムがプライム・ストラテジーで公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
こんにちは。吉政創成の吉政です。この4月で起業して10年になります。数年前までWeb開発には手を付けず、Web開発以外のWebマーケティングアウトソーシングサービス1本で事業をしていました。お客様がうちではない会社にWeb開発を依頼され、出来上がった来たWebサイトを見てよく言われるのは以下のような感想です。

・デザイン的には良いものができた(お客様がチェックしているので満足している人が多い)
・パフォーマンスがいまいち悪く、表示速度が遅いが、まぁこんなものなのかな。(または仕方ないかな)

デザインに凝ると、Webが重くなり、表示速度が落ちることもあるので、業者さんは「今回デザインに凝ったので、どうしてもWebが重くなってしまうんですよね。」と説明して、お客様も「まぁそうですよね。」と思ったりします。

ここに大きな勘違いがあるので、今回コラムを書きました。

確かに、KUSANAGI(超高速実行環境)が出るまでは、キャッシュを増やして、クラウドスペックを上げても高速化しないことが多かったです。
結局、昔はチューニングの技術が進化していなかったので、パフォーマンス劣化の原因である「OS、DB、CMS、CSS、JavaScriptなど」の全体を改善しようと知るとかなり高額になったり、やっても部分的で効果がいまいちだったりしました。

でもですね。時代が進化したのです。
(この続きは以下をご覧ください)
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3677

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する