オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第74回 VPCネットワークを支える仮想ネットワーク基盤:Andromeda(パート2)

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー第74回「VPCネットワークを支える仮想ネットワーク基盤:Andromeda(パート2)」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

はじめに

 前回に引き続き、2018年に公開された論文「Andromeda: Performance, Isolation, and Velocity at Scale in Cloud Network Virtualization」を元にして、Google Cloud Platform(GCP)のVirtual Private Cloud(VPC)ネットワークを支える仮想ネットワーク基盤を紹介していきます。今回は、Andromedaを構成するコントロールプレーンとデータプレーンについて、具体的なアーキテクチャーを解説したいと思います。

Andromedaの全体像とコントロールプレーン

 まず、次の図1は、論文に記載されているAndromedaの全体像になります。上半分は、仮想ネットワークの構成を行う管理系の部分で、SDNの用語で言うとコントロールプレーンにあたります。そして、下半分は、ホスト上のVMが外部とのネットワーク通信を行う仕組みを表しており、SDNの用語で言うとデータプレーンにあたります。

 はじめに、コントロールプレーンの概要を説明します。Googleのデータセンターには、複数のサーバーを束ねたクラスターが配置されていますが、それぞれのクラスターに対してコントロールプレーンのセットがインストールされており、該当のクラスター内のホスト、および、VMの構成情報を保持します。コントロールプレーンの処理をクラスターごとに分散化して、スケーラビリティを確保する仕組みになります。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai274.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する