オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Office 365をバックアップする必要性(バラクーダネットワークス)

»

私がマーケティング支援しているバラクーダネットワークスのコラム「Office 365をバックアップする必要性」が公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
Office 365はビジネスによるクラウドの使用を転換しました。ガートナーの最近のレポートによると、企業従業員の5分の1がOffice 365クラウドサービスを使用しており、Office 365がユーザ数では最も広く使用されているクラウドサービスになっています。この傾向には理由があります。金融業界が、最も高い使用率を示しており、この傾向の先頭に立っています。金融企業は、Microsoft Excelのパワーユーザであり、マイクロソフトが提供するFISC(米国外国情報活動監視裁判所)とGDPR(EU一般データ保護規則)のコンプライアンス保証を必要としています。製造業界が次に高い使用率を示しており、製造企業はOneDriveをよく使用しています。

本稿では、業界と使用事例を掘り下げることもできますが、Office 365を使用する最大の理由の一つに注目することを目的としています。Office 365は、Microsoft Exchange Server、GroupWise Serverなどより、非常に簡単で効率的に管理できます。ライセンスは随時に変更できる購入しやすいサブスクリプション方式であり、製品は、複数のプラットフォームに導入することも、クラウド内で使用することもできます。ユーザは、オフラインの場合も、Officeアプリケーションにアクセスし、ドキュメントをどこでも同期および共有できるため、オンプレミスのファイルサーバにVPN(仮想プライベートネットワーク)で接続する必要はありません。また、メールとデータをバックアップすることもできます。

しかし、本当にそう言えるでしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.barracuda.co.jp/do-you-need-to-backup-office-365/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する