オルタナティブ・ブログ > 一般システムエンジニアの刻苦勉励 >

身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

過保護な親が企業にも干渉してきたら

»

モンスターペアレンツという言葉を耳にすることがあります。過保護な親が増えているそうですね。

asahi.com:大学に「過保護者」急増 入学式は満杯、就職相談に同伴 - 社会 http://www.asahi.com/national/update/0524/TKY200805240037.html

アメリカではこちらのようなタイプはヘリコプターペアレンツというらしいです。ハリウッド映画ではマザコンの男性は批判的に描かれるので過保護なことは良くない風潮があるのかと思っていたのですが、そういう言葉があるのであれば日本とあまり変わらないのかもしれません。

過保護な親が求めるままに会社の体質が変わったとしたらこんな感じになるのではないでしょうか。

  • 保護者向けの会社説明会(お子様を預かり、立派な社会人に育てます!と人事担当者がスピーチ)
  • 採用面接は親同伴。これまでの教育方針や育て方などを確認。お父さんお母さんのスーツ選びが悩みに。どこどこの会社はグレー系がGoodなどの怪情報が溢れる
  • 晴れて入社。入社式は親同伴。涙を流す両親も。正面玄関で記念撮影。ビデオ撮影は場所取りが大変なので全面禁止とし、会社側がプロを受け入れてDVDで配布。
  • 入社式の後は同期社員同士の顔見世。親同伴。部長同伴。部長は「ご子息ご令嬢を責任を持って預かります」云々と挨拶。持ち物帳やドレスコード、社内ルールを配布する。ルールの一例『お客様のご迷惑となりますので雨の日等に正面玄関に車を乗り付けて送り迎えしないでください』
  • 社員が出勤・退出時にタイムカードを押すと両親にメールで通知される。
  • 子供の休暇は親が電話連絡。同期や上司が当日の連絡物と社食のデザートを持って帰宅時に様子を伺う。
  • 飲み会は先輩からのセクハラ・アルハラが心配なので保護者1名が持ち回りで同伴。
  • 労働組合は保護者の大幅な介入によりPTA化する。「うちの子に残業させないで下さい」、と労使の対立が活動が深刻化。
  • 中には株式を取得して経営側からの影響力を見せる親も。親同士で何株持っているかが競い合いに。
  • 定期的に両親参観の場を設ける。2週間前から周囲が全面的にバックアップし、本人の代わりに作りこんだ資料を使って両親向けプレゼン。社員食堂の試食会も開催。
  • 人事面談の場はもちろん三者面談。「このままでは係長への登用は難しいですね。」「そこをなんとか(略)」
  • 両親からのメール・会話が激しいため、職場でのプライベート携帯電話の使用を厳禁。その代わりにウェブカメラでフロアの様子をリアルタイム中継。
  • 失注したことにショックを受けた息子を見て両親が取引先に怒鳴り込む。そこで解決されない場合は上司を恫喝する。上司のメンタルケアが急務に。

と、考えていて落ち込んできました。両親が株式を取得して子どものために経営に干渉する、というのは広い目で見れば色々なファミリー企業で現実に起きていることかもしれないですね。

Comment(8)

コメント

上司の親や取引先の親も出てきて テンヤワンヤ。
外野がうるさくて、本人たちは仕事ができなくなったりして……。

あび

たしかに書かれているようなことが現実化したらイヤですね。でも、たまに「親の顔が見てみたい!」というのもいますので、採用時に両親を含めて面接するのは、意外と採用側にとっても有効かもしれませんね。

ばんちょ~、コメントありがとうございます。
学校でも親と親同士の権力争いがすごくて、学芸会の主役が決まらないなんていう話を聞きますもんね。「なんでうちの子を差し置いてあんなやつが先に係長になるんですか?」なんて言い始めたら……。怖いですねぇ。
あびさん、コメントありがとうございます。
最初はおもしろい気持ちで書き始めたのですが、ひょっとしたら1つくらい実現するんじゃないかと思ったら急に暗い気持ちになりました(笑)自分の場合ですと採用面接に親を一緒に連れて行く事はありませんでしたが、志望動機などで「父が技術系の人間だったので自分もそうなりたい」というような事は言いましたね。年配の方に「それはすばらしい」と褒めてもらったことがありました。

朝之丞

山口さん、こんにちは。
お初にコメント致します。
先日はお会い出来て光栄です。楽しい一時が過ごせて嬉しかったです。
モンペの話は私もリアル体験があるので、近いうちに書かせて頂きます。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

朝之丞さん、コメントありがとうございます。
先日はおもしろいお話をありがとうございました。私もエレベータの移動時間を活用したリフレッシュ法を取り入れようかと思案しているところです。
先日ゲンダイに「“モンスターペアレント”が会社までやって来た」という記事が載っていました。もはやネタにして笑っていられる場合ではないのかもしれません……。朝之丞さんのモンペ対応、楽しみにしております。

山口さん、こんにちは。
遅くなりましたが「モンスターペアレント」の話題でCNETに記事エントリいたしました。
CNETからTBpingが遅れませんでしたので、コメントいたします。
「私のモンスターペアレントのリアル体験(降臨とまでは行かないが...)」
http://japan.cnet.com/blog/tomono10/2008/06/29/entry_27003171/
お時間がある時にでもごらんいただければ幸いです。

たかみち

過保護には2タイプあり、甘やかす過保護と、厳しくする過保護ですね
どちらも、自分が過保護だと気づいていないのです

たかみちさん、コメントありがとうございます。
自分の子供に対しては甘やかす日もあれば厳しくしかってしまう日もありまして……。子育ては難しいですね。

コメントを投稿する