オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

殿堂入りのブログ本「しょこたん☆ぶろぐ」が電子書籍になって再降臨しました。

»





21世紀の芸能人ブログ本を代表するベストセラー、中川翔子さん=しょこたんの“生きた証" 『しょこたん☆ぶろぐ』の電子書籍版が、本日5月30日よりKindleストアほかにて配信開始 (←リンク先はkindle)となりました。

プレスリリース; https://releasepress.jp/archives/8987

============

3月27日、僕は新宿サブナードにある福屋書店へ、この日にマガジンハウスより発売となった中川翔子嬢の最新作エッセイ「ねこのあしあと」のサイン本お渡し会に賑やかしに駆けつけました。具体的にはこちら↓の衝立の向こうで、中川嬢からサイン本が手渡されるというイベントでありました。  http://instagram.com/p/mCk431CzbM/

僕が援軍として合流したのは、中川嬢本人ではなく、その母 桂子さんです。はい、その方が不肖加藤の東京のビッグ・ボスです。(サイン本に追加サインをしている母 桂子) 
わりとどうでもいいですが、こちらの隣の人が本書134頁からの「ジャッキーとの出会い」でも紹介されている、僕の15年来の盟友↓エビちゃんです。



その場の脇の立ち話にて、中川嬢のマネージメントチームの皆さん(ワタナベエンターテイメント)に久しぶりにご挨拶などをさせていただいてる際に、統括されているY部長に、加藤が再びゴマブックスに参画し、本書いたり企画したりしてることを近況報告。

その話題のうちに…廻りから 「そういえば、最初の本はゴマから出版した『しょこたん☆ぶろぐ』だった」ね、という流れになり、、、

お、これは! と
「ゴマから『しょこたん☆ぶろぐ』の電子書籍を出版させていただけないでしょうか」
と申し出たところ、

「お、いいねぇ。すぐに条件詰めましょうよ。」と快諾を頂いたのです。

そして本日… あれから僅か二ヶ月と、スピーディに実現の運びとなりました。

微力ながらキッカケがつくれ、とても嬉しいです。

================

同書は日本の芸能人ブログの先駆けである「しょこたん☆にっき」「しょこたん☆ぶろぐ」の2003年末のスタート時からの主なポストを再掲したものです。中川嬢メジャーデビュー当時の貴重な記録としても読めます。

当時の掲載ブログエンジンが、GMOインターネットグループ入りする前のヤプーズ!→その後の→yaplog(GMOメディア)だったこともネタと言えるでしょう。

2005年の初版発売時にも企画に関わらせていただいており、あの時は加藤も百冊!買って(買わされてw)周囲に配ったものです。
ぜひ、本書にて10年前当時のしょこたんの(レベル19→20)ほとばしる息吹を確認してください!。宜しくお願いします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する