オルタナティブ・ブログ > Power to the People >

Yagishita's alternative blog

Think Deeply and Change Quickly

»

先日、シックス・アパートでセミナーを開催し、お客様に「自社内でのMovable Typeの導入」について、ご紹介をいただきました。

実際に使われているブログのスクリーンショットが多く掲載されているため、資料自身は非公開で恐縮なのですが、とても参考になるものでした。

当初は、部署内での情報共有のツールとして利用できるか、実験的なプロジェクトとしてスタートしたそうですが、「誰もが利用できる」こと、「コンテンツとその見栄えを極力分離できる」ことという要件を満足したことにより、利用者が増えたりMovable Typeの機能を段階的に導入されてきています。現在は、第4段階ということで、コミュニティや閲覧制限について評価されているそうです。

一番感銘したことは、「一番重要な(システム)資源は人であり、道具はその効率性・品質維持をサポートするものである。また、今までのやり方のままでは効果は限定的となる。常に効果を上げる方法・手順・基準などを再考する。そして、やると決めたら迅速に行動する。」です。「システム投資の基本」といわれたらそれで終わりですが、再確認できたことが重要なのかなと思っています。

しかし、この軸からぶれない企業は強いことも事実です。20年、IT産業と呼ばれるこの業界にいるのですが、この軸からぶれずに、「変わらなければも変わらなきゃ」とならないように、気を引き締めていこうと感じた日でした。

2009年になって、もう1ヶ月経ったのですね。

Comment(2)

コメント

「熟慮断行」ですね。特にこのような経済状況では足がすくみがちになりますが、やること全部をちまちましたものにすることではなく、やることを絞って徹底的にやるべし。今年こそ、心すべき言葉かもしれません。

yagishita

そうですね。今年は CHANGE がキーワードなんですね。

コメントを投稿する