オルタナティブ・ブログ > Webolution >

より幸せになるWebのために書き続ける

ミニブログの本質は?

»

元祖ミニブログとも言える、Twitterが2006年2月頃に始まってから一年が経ち、今年2月頃に日本人ユーザーが急に増えた。時を同じくしてメディアやブログなどにTwitterが紹介され始め、それに刺激を受けてか、今年4月から5月の間に和製ミニブログのオープンラッシュが始まった。

現時点で、すでに国内には10サイト以上のミニブログサービスがあるが、新しいミニブログサービスのオープンニュースはいまだに続いている。ミニブログの本質はいったい何なのか?緩いSNSとも言われているし、「自分の今の状況」を一言で書き込む簡単なブログとも言われているが、正直私はミニブログを一言では言い切れない。

それは、ミニブログが、掲示板やSNS、ブログやチャットが満たしてきた、ユーザー経験をまとめて満たしている、融合体的なサービスだと思っているからである。

ミニブログのメインページを見ると、掲示板もしくはチャットのようにも見えるが、実は各ユーザーエントリの内容に、なんら繋がりがあるわけでもない。また、ブログのように、自分の考えを簡単に記録できる便利なCGMではあるが、その目的だけでミニブログを利用する人は少ない。

このように既存ツール似ているが、微妙に違うのがミニブログの魅力なのかもしれない。しかしまだミニブログの本質が見えてきたとは言えない。

私自身がミニブログをなぜ使うのかというと、ミニブログが何時でも(朝起きてから寝るまで)何処でも(家、会社、移動中)気軽に書ける有一な個人メディアであるからだ。他のツールと似ているようだが、真価は違うところにあるという事である。他のツールより長く、続けて愛用する可能性が高いだろう。

そういった意味では、ミニブログのラウンジ(Public Timeline)機能はミニブログの本質ではないかも知れない。私はミニブログは理想的なライフログ(Lifelog)に近いツールだと考えている。

私は今のミニブログより、2〜3年後のミニブログがどういった発展を遂げているか、その可能性にとても期待している。

Comment(3)

コメント

吉川@ナレッジです。
 オルタナティブ・ブログに参加されたんですね。今後ともよろしくお願いいたします。
 ミニブログですが、私は今のところIMの発展版という感じで捉えていますし使い方もそんな感じです。ICQ->Yahooメッセンジャー->Twitterとツールは変ってきていますが使い方ややっていることはあんまり変っていない。
 ただ面白いのは、ICQ->Yahooメッセンジャーの間にはホームページの隆盛がメッセンジャー->TwitterではBlog/SNS隆盛がというように、メッセージ系とパブリッシュ系が交互に来ていることにあると思います。Twitterのあとは、再度ある程度の文章をまとめて配信するツールが流行ると睨んでいます。

吉川さん、コメント有難うございます。サービスを作って提供している側の人間としては、メッセージ系でミニブログの次に来る『再度ある程度の文章をまとめて配信するツール』が非常に興味津々ですね。
個人的にパブリッシュ系でブログ/SNSの次には『進化したWiki』が流行るのではないかと考えています。『進化したWiki』って多少漠然的な表現でありますが、私は"共同編集"、"使いやすさ"、"自由なリンク"、"違うWikiの間でも共通で使えるデータフォーマット"などが重視された新しいWikiだと自分なりには定義しています。

>掲示板やSNS、ブログやチャットが満たしてきた、ユーザー経験をまとめて満たしている、融合体的なサービス

まさにそうですね!
「ミニブログ」という定義をしてしまうことによって、一面的な部分にフォーカスしてしまうようで、いまだに「ミニブログ」という呼び方には違和感を感じておりますが、今後の姿というところに僕も関心があります。

コメントを投稿する