オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

マックのカウンター上のメニュー廃止の中で、「60秒で提供」キャンペーンを実体験すると、なんかこちらも世話しなく注文しないといけない錯覚が強くて、なんか快適じゃない(苦笑)。

»

ご存知の人も多いと思いますが、マクドナルドは昨年10月くらいから、カウンター上のメニュー表を廃止しました。

カウンターにはメニュー表がなく、壁に見やすいのか見づらいのか微妙な(苦笑)メニューボードがあります。

混んでいると、行列して待っている間に、手渡し形式のメニューをみせてくれるので、それを見ながら注文を考える余裕があるのですが、空いているとそれを渡されることもなくすぐにメニュー表のないカウンターに誘導されるので、かえって焦ってしまうんだよね。

しかも、

今、「60秒で提供」キャンペーンをやってます。注文終わると60秒砂時計を持ち出して、「60秒で提供できなかったら無料クーポンを差し上げます!」と言われて、なんかその「超」スピーディな会話と忙しい注文後作業が始まるらしい、なんか表現しづらいプレッシャーに押されて、ゆっくり注文を考える楽しみがまったくない(泣)。

たぶん、なんかこちらも世話しなく注文しないといけないんだって、錯覚が強いだけだとは思うけど、なんか快適じゃない。

人間焦らせると、「足りないと困るので」「多めかも知れないけれど(これだけ頼んでおけば大丈夫だろう)」と注文量にゆとりを持って対応しようとする気がします。ところが、それでも先週末は、考えて注文したつもりが、逆にドリンクが一人分足りない注文構成にしてしまいました。結局考えが不十分なんだよね。多いか足りないかじゃなかったよ。。。

焦るとほんといいことないです(涙)。個人的には是非メニュー表を復活してほしい。

むしろ、「60秒でオーダーを纏めてさしあげます」キャンペーンの方がいいです(爆)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する