オルタナティブ・ブログ > Practice makes perfect >

習うより慣れよ

VMにCPUを4つ割り当て、Windows 10 Pro(ゲストOS)にインストールした、カスペルスキー セキュリティでウイルススキャンを行う。

»

手持ちのKasperskyのライセンス、Androidにのみインストールしていたのだが、他のセキュリティソフトと比較するために、Parallels Desktop 15 for MacのゲストOSにインストールしてみた。

前回の、MaCfee リブセーフもそうだが、Windows 10 Proは別途購入しているので、別々の環境にそれぞれセキュリティソフトをインストールしている。

テスト環境
Apple MacBook 2019(macOS Catalonia バージョン 10.15.6)
第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
32GB 2,666MHz DDR4メモリ
1TB SSDストレージ
セキュリティソフト:Sophos Home Premium Mac版(FirewallはOS標準のもの)
Parallels Desktop 15 for Mac Pro Edition バージョン15.1.4(47270) + Windows 10 Pro 1909

Parallels Desktop 15 for Macの設定で、4CPU, RAM 8GBを割り当てる。

ss20200726-112237.jpg

ウイルスパターンシグネチャを更新後、コンピューター全体のスキャンを行う。

ss20200726-132402.jpg

ss20200726-133449.jpg

ss20200726-133620.jpg

ファイル数 323,628で、33分1秒間
#一度スキャンし安全なファイルはスキップする機能が、あまり働いていないと思われる。

ss20200726-135841.jpg

ss20200726-135756.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する