オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

日本の団塊世代を海外へ輸出する

»

昨日は、ウィークリーマンションで有名だったツカサグループの元代表で
現在は会津に昭和30年代村の建設を進めている川又三智彦さんが主宰する
会津村塾の勉強会に参加してきました。

川又さんは、これから日本がいつ財政破綻するかもしれない状況の中で
生き残るためには、地域コミュニティで助け合うことが大事だということで
昭和30年代村構想を立ち上げて、そのモデルとして
会津に昭和30年代村をつくろうとしてらっしゃいます。

単に日本だけでなく、海外につくることも考えているそうです。
日本の一番の資源は人であり、
これから団塊の世代が完全リタイアするので、
そういう人たちを海外に輸出するのだと。

日本人は、一人や少数で海外へ行っても、
寂しいのですぐ日本に戻ってきてしまう場合が多いので、
大勢でいってコミュニティをつくれば、そのまま居着きやすいし、
日本のいい文化を海外に広めることができれば
海外の方々にも喜んでもらえるだろうということです。

これぐらい壮大な構想をもてると
夢を持ってプロジェクトを進められて楽しそうです。
ぼくも応援していこうと思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する