オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

「自分史で日本を元気にする」はうさんくさい?

»

昨日は東京国際フォーラムの会議室で、
自分史活用アドバイザー認定講座を開催しました。
また多くの方々にアドバイザーとして
自分史活用推進協議会に加わっていただけそうです。

昨日の講座の中で、以前、認定講座に参加されて、
今回は講師を担当された方の話が印象に残りました。

もともと自分史には特に興味がなく、
「自分史で日本を元気にする」というスローガンを見て、
うさんくささも感じたけど、
「日本を元気にする」ことには興味があるので、
とりあえず認定講座を受講してみたとのこと。

そうしたら、けっこう講座が面白くて興味を持ったので、
実際に自分で自分史をつくってみたら、
つくる過程で、親とのコミュニケーションも深まり、
自分自身も元気になれたので、
「自分史で日本を元気にする」というのは本当だったのだと、
自分史を普及する活動に本格的に取り組むことにしたそうです。

たしかに「自分史で日本を元気にする」というのを
うさんくさく感じる人もいるだろうなとは思っていました。
でも、これは本当のことだと信じているので、
そう思う人がいてもかまわないと思って、
あえてスローガンとして掲げてきました。

「自分史で日本を元気にする」をもっと具体的に言うと、
自分史の魅力、活用法を伝え、
自分史作成をサポートすることで
自分史をつくって、自分を見直し、
本当にやりたいことを発見し、
自分の個性、強みを発揮して、
自分らしく生きていく人を増やすことで、
日本を元気にする、ということです。

このビジョンに共感して、自分史に興味をお持ちいただける方、
自分史の切り口を自分の仕事に活かしてみたいと思う方は、
ぜひ私たちに仲間に加わっていただけたらと思います。

一般社団法人自分史活用推進協議会

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する