オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

「自分史フェスティバル2014」は昨年以上に充実した内容になりそうです

»

昨日は「自分史フェスティバル2014」の実行委員会のミーティングがありました。
昨年は、フェスティバルの開催が初めてだったので、ブースの出展は無料にして、
主にすでに知っているところに声をかけて出展者を集めましたが、
今年は有料での協賛集めにチャレンジしています。

最初、協賛金の目標額を聞いたときには、
達成は難しそうだなと思ってましたが、
すでに昨日の時点で目標を達成してしまいました。

フェスティバルのプログラムも、昨年はけっこう充実していたので、
昨年以上に充実した内容にするのは難しいだろうなと思っていましたが、
ジャーナリストの立花隆さんや、イラストレーターの和田誠さん、
シニアビジネスの第一人者の村田裕之さんほか、
そうそうたる顔ぶれの方々にご講演いただけるなど、
昨年よりかなりパワーアップした内容になりそうです。

最近は、朝日新聞や読売新聞などでも、
自分史をテーマにした記事が大きく載り、
自分史活用推進協議会への講師派遣の依頼や、問い合わせも増えてきて、
自分史への関心がよりいっそう高まってきているのを感じています。

8月12日、13日に、東京・大井町のきゅりあんで開催しますので、
ぜひご来場いただき、自分史の様々な魅力に触れていただけたらと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する