オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

独自の強みを生み出すのに自分史が役に立つ

»

ITmedia エグゼクティブに興味深い記事が載っていました。

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:独自の強み「キラーコンテンツ」の作り方 (1/2)

「コンサルタントのための“キラーコンテンツ”で稼ぐ法」
という書籍の紹介記事のようですが、簡単にまとめると、
これからの時代は独自の強みを持つことが重要になるけど、
これが流行りそうだからとか、ニーズがありそうだからと
情報収集や勉強をしても、同じことをしている人はたくさんいるので
そこから独自の強みを生み出すことはできない、
自分の実務経験や感覚的なノウハウを、
論理的に説明できて、誰でも再現できるように体系化することで
独自の強みとなるキラーコンテンツを生み出すことができるという内容です。

この記事を読んでいて、自分史をまとめるということは、
自分の体験を体系化して表現することなので、
まさしく自分の独自の強みとなるキラーコンテンツを
生み出すことに活用できるなと思いました。

さっそくこの考え方を、自分史活用法の体系の中に
取り入れさせてもらおうと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する