オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

個人がお金をかけずに電子出版することを何と呼ぶか

»

これまで、個人が出版するときは、
自分で費用を出して出すことが前提だったので
一般的に「自費出版」という言い方をしてきました。

キンドルの日本語版サービスが始まり、
キンドルで自分の電子書籍を出版できる
キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)が始まったことで
文章を書く作業や編集作業、デザイン、
電子書籍化作業などを自分でやれば、
お金をかけずに出版することができるようになりました。

そうなると「自費出版」という言い方は実態にそぐわないので。
違う言い方が必要になってくるかと思います。

すでに「個人出版」や「ダイレクト出版」といった言い方は
使われているようですが、
「ダイレクト出版」は情報商材系の会社が使っているようだし、
「個人出版」という言い方も、今ひとつピンときません。

これから個人がお金をかけずに電子出版するケースが
どんどん増えてくるでしょうから、
何かいい言い方があるといいですね。

例えば、僕の会社で「eQuiz(いいクイズ)」という
クイズを楽しみながら社会貢献できるサイトを運営していますが、
「e出版(いい出版)」というのはどうでしょう(笑)。

そのうち自然に決まってくるのでしょうけど、
何かいい言い方を考えたいですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する