オルタナティブ・ブログ > 点をつなぐ >

触媒のように世の中のいろいろな人やものをつないで変化を起こしていきたいと思っています

考えるな、感じろ

»

最近「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載していた「慶應大学・松家仁之ゼミの学生が コンテンツを作ってやってきた。」というコーナーが、いわゆるコンテンツをつくるようなクリエイティブな仕事に参考になりそうな内容でした。特に最終回の「Don't think, feel.」が面白かったです。

いいコンテンツをつくるのに大事なのは理屈や調査データではなくて、とにかく自分はこれをつくりたいんだという直観や情熱であり、そのためには、考えるのではなく、感じること、自分の直観を大切にして、心の声に耳をすますことが重要だと思ってます。もちろん、それだけでうまくいくというわけではなく、誰を対象にするのか、どうやってつくっていくのか、どうビジネスにしていくのかといったことを考える必要は出てきますが。

弊社で運営している「Histy」「eQuiz」も、ふとした思いつきから始まって、「こういうものをどうしてもつくりたい」というところまで情熱が高まり、いわゆるヒト、モノ、カネなどのリソースがほとんど何もないけど、どうやったら実現できるかを考えて、アイデアを煮詰めていったり、事業計画を考えたり、協力者を探したり、資金調達したりと行動を起こしていって、なんとかオープンさせるところまでこぎ着けました。そこで一番大事だったのは、やはり理屈や計画ではなく、どうしても実現させたいという情熱だったように思います。

情熱を持てるようにするには、やはり自分の「好き」を突き詰めていくことが大事で、そのためにも自分の直観、センスを磨いて「感じる」ことが大切ではないでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する