オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

Kindle本の価格分布はどうなっているのか #KDP

»

電子書籍は紙の本と比べて価格が安いことが期待されています。大手出版社から出ているKindle本の通常価格は、紙の本より10%前後安い値付けになっています。アマゾンのバーゲンでは、さらに30~50%オフになることがあります。

アマゾンのKindleは、Kindleダイレクト・パブリッシングの仕組みを使って、個人が自分でKindle本を出版・販売できることが特徴です。個人が出す本は、紙の本が無くてKindle本のみの場合が多いです。

ではアマゾンで販売されているKindle本の価格帯はどうなっているのか、少し前のデータになりますが、実際に調べたデータがあります。

bookprice

これを見ると、商品点数が一番多いのが500円前後です。600円以下までで全体の約3分の2を占めていることがわかります。このデータは出版社から紙の本とKindle本の両方を出しているものを含んでいます。個人がKindleのみで出版している本は、さらに低い価格に集まっていることが予想されます。

Kindle本は著者が受け取るロイヤリティが35%と70%の二種類があります。70%のロイヤリティーを選ぶためには、価格が250円から1,250円までであることが必須条件になります。このため250円にするかどうかが一つの分かれ目になります。

Kindleダイレクト・パブリシングで本を出すのは楽しいです。皆様がKindle本を出す時に値付けの参考になれば幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する